講談のおもしろさが絵本になった!

“百年に一度の天才”
“いま、もっともチケットがとれない講談師”
として熱い注目を集める気鋭の講談師・神田松之丞さんが、日本の伝統芸能である講談を、絵本で次世代の子どもたちに残したいという思いで初の絵本監修に挑戦! 講談えほんの勢い、お見逃しなく!

2019.10.24 イベント情報詳細追加 詳細

2019.9.13 12月1日に、刊行記念イベント開催決定

神田松之丞さんからのコメント
講談とは、古くからの日本の伝統芸能です。講談師が、実在の人物や史実とされている事象を、脚色を交えて聴く人を楽しませつつ、一人語りで読んでいきます。日本の歴史の物語を次世代につなぐために、とても大事で、いま注目されている芸能です。このたび次世代に伝えたい講談のお話を子どもたちに残すために、絵本の監修をつとめました。この絵本を通じて、一人でも多くの子どもたちに講談を知ってもらえることを願っています。


【神田松之丞プロフィール】
日本講談協会、落語芸術協会所属。2007年11月、講談師・三代目神田松鯉に入門。2012年6月、二ツ目昇進。若くして、寛永宮本武蔵伝、慶安太平記、天保水滸伝、畔倉重四郎などの「連続物」や、「端物」と言われる数々の読み物を継承している。TBSラジオではレギュラー番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』をもつ。DVDに「新世紀講談大全 神田松之丞」、CDに『松之丞 講談 -シブラク名演集-』、『松之丞ひとり~名演集~』。著作に『絶滅危惧職、講談師を生きる』(新潮社)、『神田松之丞 講談入門』(河出書房新社)。ムックに『Pen+完全保存版 1冊まるごと、神田松之丞』(CCCメディアハウス)。2020年2月11日、真打ち昇進と同時に六代目神田伯山を襲名。

監修:神田 松之丞 文:石崎 洋司 絵:飯野 和好

『宮本武蔵―山田真龍軒』 剣豪・武蔵と、鎖鎌の名手・山田真龍軒によって繰り広げられる決闘を、迫力いっぱいにえがく。

監修:神田 松之丞 文:石崎 洋司 絵:北村 裕花

『大岡越前―しばられ地蔵』 無実の罪を着せられた荷担ぎの弥五郎を、越前守が見事なお裁きで救う、痛快ストーリー。

監修:神田 松之丞 文:石崎 洋司 絵:山村 浩二

『西行―鼓ヶ滝』 和歌の名人として知られる僧侶・西行が若かりし頃の、歌行脚にまつわる講談。


講談社創業110周年記念企画「講談えほん」シリーズ刊行記念
「講談えほん」の会


<チケット販売開始 10月27日(日)午前10時~ チケットぴあ にて>
Pコード:644-249(第1部、第2部共通) https://t.pia.jp/


開催日:12月1日(日)
場 所:講談社 講堂(東京メトロ有楽町線 護国寺駅下車)


第1部「親子で講談」の会(こども向け)
13:30開場 14:00開演
親子チケット(保護者1名+子供で2席)、大人のみでの入場不可  チケットは完売しました。当日券はございません。
前売2500円(当日3000円)

※チケット券面にある整理番号順のご入場となります。
※当日ご来場の方にはチケット1枚につき1冊、講談えほん「西行」をプレゼント。
※チケット1枚で2席ご利用になれます、
※親子イベントですので、大人2名のみの入場はできません。
※5歳~小学生が対象のイベントです、4才以下のお子様のご入場はお断りいたしますので、ご了承ください。

※1時間ほどのイベントとなります。

出演者:神田松之丞、全国訪問おはなし隊


第2部「えほんの講談」の会(一般向け)
16:30開場 17:00開演
チケット(全席指定):前売3800円(当日4300円)   チケットは完売しました。当日券はございません。

※当日ご来場の方にはチケット1枚につき1冊、講談えほん「宮本武蔵」をプレゼント。
※約2時間ほどのイベントとなります。(途中休憩あり)

出演者:神田松之丞、神田阿久鯉、石崎洋司


・第1部、第2部とも、前売で完売の場合、当日券の販売はありません。
・「講談えほん」の販売は第2部のみ予定しております。なお、本イベントではサイン対応はございません。


お問い合わせ
ジ・ズー:03-6455-1071(平日12:00~19:00)


▼特別動画公開中▼

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本