第61回(2020年) 講談社児童文学新人賞 選考経過・報告

受賞作品決定! 2020.10.1

本年度の児童文学新人賞にご応募いただいた603作品について、一次・二次選考および9月30日に行われた最終選考会での最終候補作5作品の中から慎重な審議の結果、次のように入選作を決定いたしました。

新人賞
正賞 賞状・記念品 / 副賞 50万円・単行本として刊行

受賞該当作品なし


佳作
正賞  賞状 / 副賞  20万円

『境界のポラリス』  中島空(埼玉県)
『小梅の七つのお祝いに』  愛川美也(千葉県)

 

最終候補作(順不同)

  • 境界のポラリス
    中島空
  • 八月の神様
    森な子
  • びんのなかの夢
    なつきふみ
  • 雅とナマケと妖怪退治!
    清水咲良
  • 小梅の七つのお祝いに
    愛川美也
講談社 児童文学新人賞 募集要項 講談社 児童文学新人賞 経過と報告 講談社 児童文学新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

児童文学新人賞 既刊