ムーミンの本

2015年は、「ムーミン」出版70周年の年です!2014年12月25日(木)

2014年は、「ムーミン」シリーズの生みの親、トーベ・ヤンソンの生誕100周年ということで、あちこちで「ムーミン」のイベントが開催されました。本やグッズもたくさん出て、「ムーミン」ファンのみなさんは、とても盛りあがった一年だったのではないでしょうか。

そして2015年は、「ムーミン」出版70周年という、記念すべき年です!

ムーミントロールたちは、大きな戦争が終わったばかりの1945年、『小さなトロールと大きな洪水』という物語のなかで、小説として初めて登場しました。
つらい戦争のさなかに書きはじめられたムーミンたちの物語は、戦後つぎつぎに刊行され、誕生から70年を経たいまもなお、世界中の人々を笑顔にしています。

ひなまつりの絵本

  • ひなまつりの ちらしずし

    ひなまつりの ちらしずし

    宮野聡子/作

    今日は、ひなまつりパーティーの日。きみちゃんは、おかあさんといっしょに、「ちらしずし」を作ります。おかあさんは、具材をかざりつけながら、歌を歌ってくれました。ひなまつりの一日を楽しむとともに、子どもたちの成長を願う気持ちがこめられている一冊です。

  • ひみつ ひみつの ひなまつり

    ひみつ ひみつの ひなまつり

    鈴木真実/作

    ある日、お絵かきをしていたえいちゃんの耳に、どこからか 低い声が聞こえました。よく見てみると、押し入れのダンボール箱に光るものが! 中から出てきたのはおにんぎょうでした。慌てて帰ろうとするおにんぎょうに、えいちゃんは「まって、帰らないで!いっしょに遊ぼう」と、声をかけます……。ひなまつりを華やかに楽しく紹介した絵本。

絵本通信 Facebookページ