ムーミンの本

2015年は、「ムーミン」出版70周年の年です!2014年12月25日(木)

2014年は、「ムーミン」シリーズの生みの親、トーベ・ヤンソンの生誕100周年ということで、あちこちで「ムーミン」のイベントが開催されました。本やグッズもたくさん出て、「ムーミン」ファンのみなさんは、とても盛りあがった一年だったのではないでしょうか。

そして2015年は、「ムーミン」出版70周年という、記念すべき年です!

ムーミントロールたちは、大きな戦争が終わったばかりの1945年、『小さなトロールと大きな洪水』という物語のなかで、小説として初めて登場しました。
つらい戦争のさなかに書きはじめられたムーミンたちの物語は、戦後つぎつぎに刊行され、誕生から70年を経たいまもなお、世界中の人々を笑顔にしています。

節分の絵本

  • せつぶんのひのおにいっか

    せつぶんのひのおにいっか

    青山友美/作

    節分の日のひみつがわかる(!?)、ゆかいなお話。 ふだんはのんきにくらしている、おにとうさん、おにかあさん、こおにの3人家族。でも、今日は節分。おに一家めがけて、豆が飛ぶ! どうする、どうなる、おに一家!

  • 狂言えほん せつぶん

    狂言えほん せつぶん

    もとしたいづみ/文
    野村たかあき/絵

    節分の夜、日本に渡ってきた鬼が、美しい女に一目ぼれをしてしまい……。鬼と女のかけひきが楽しい一冊。

絵本通信 Facebookページ