第58回(2017年) 講談社児童文学新人賞 選考経過・報告

受賞作品決定! 2017.8.23

本年度の児童文学新人賞にご応募いただいた644作品について、一次・二次選考および8月23日に行われた最終選考会での最終候補作6作品の中から慎重な審議の結果、次のように入選作を決定いたしました。

新人賞
正賞 賞状・記念品 / 副賞 50万円・単行本として刊行

『リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ』  こまつあやこ(東京都)

佳作
正賞  賞状 / 副賞  20万円

『107小節目から』  大島理惠(東京都)
『大坂オナラ草紙』  谷口雅美(兵庫県)
『さよならシュトラウス。』  黒川裕子(千葉県)

最終候補作(順不同)

  • リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ
    こまつあやこ
  • らしくない島へようこそ
    霧野マチコ
  • 107小節目から
    大島理惠
  • 大坂オナラ草紙
    谷口雅美
  • 金華の舞
    凪ちひろ
  • さよならシュトラウス。
    黒川裕子
講談社 児童文学新人賞 募集要項 講談社 児童文学新人賞 経過と報告 講談社 児童文学新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

児童文学新人賞 既刊