第33回講談社絵本新人賞佳作受賞 
北村裕花の制作日記(後編)

こんにちは。
先月につづいて北村裕花です。
今回は編集わんこさんとラゾーナ川崎の丸善に行ってきました。
とても広くて長居したくなる本屋さんです。
絵本コーナーにて『かけっこ かけっこ』発見!
絵を描いていたときとは違い、こうして書店に並ぶ姿を見ると「自分の描いた絵がちゃんと本になっている……!」と
不思議な感覚になりました。
はじめて本の状態になって手に取ったときの「本になった!」という感覚からさらに「商品になった!」という感じでしょうか。
感慨深いです。

そして書店の隣にあるカフェに『かけっこ かけっこ』の原画を飾っていただけることになりました!
おしゃれな雰囲気の店内に、がむしゃらに走るダチョウやマッチョなゴリラ(女の子)が並ぶのか~と私自身とても楽しみにしています。
10月22日~11月18日まで、丸善ラゾーナ川崎店M&Cカフェにて開催ですので、お時間ありましたら是非お立ち寄りください!

全2回の制作日記は終了しますが、今後の作品、どうぞ応援よろしくお願いします。

北村裕花(きたむら ゆか)

2011年講談社絵本新人賞佳作を『おにぎり忍者』で受賞。本作が絵本作家としてのデビュー作となる。

講談社の創作絵本
『かけっこかけっこ』 中川ひろたか/文 北村裕花/絵

秋の運動会シーズンにぴったり!
小さな男の子がウサギやクマたちとかけっこ、かけっこ~。
走った先には居眠りライオンが! 目をさましたライオン
がみんなを追いかけて大ピンチ! びっくりしかけの大ジャンプで……?
講談社絵本新人賞佳作受賞作家のデビュー作!

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る