100万回生きたねこの部屋

ドキュメンタリー映画になった『100万回生きたねこ』2012年12月01日(土)

生きづらさを抱える読者たちが、絵本『100万回生きたねこ』を通して、その人生を語り、作者の佐野洋子がこの作品にこめた思いを浮かびあがらせます。
佐野洋子の人生の原点とも言える北京を女優・渡辺真紀子が訪ね、インタビュー、映像をオムニバスに構成したドキュメンタリー映画。作者本人の生前の肉声も収録されています。
2012年12月から、渋谷アートフォーラムにて公開(予定)。

韓国・釜山国際映画祭招待作品
監督:小谷忠典 音楽:コーネリアス ほか
詳しい情報は、「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」公式サイトをご覧ください。

更新情報

おすすめの絵本

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

絵本通信 Facebookページ