おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス 第4回 おはなし隊・坂口慶隊長より

新連載 おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
訪問県では、読みきかせをしてくれるボランティアの方と事前に学習会をしています。
この連載は、その学習会のもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。


第4回
話/全国訪問おはなし隊 坂口慶

★第4回目は、坂口慶隊長の登場です。今年でおはなし隊の隊長5年目のベテランですが、男性ならではの読み手として、試行錯誤もあったようです。そのなかで体得したポイントと、読み聞かせの魅力について聞きました。

『くさをはむ』
『くさをはむ』
(おくはらゆめ/作 講談社)

しまうまのほのぼのした一日をのぞきこむような絵本。なんとも言えず愛らしくシマウマ達と過ぎていく時間。草の匂いがただよってきそうな一冊です。





 ステキな時間をプレゼントできる、読み聞かせ
 僕が読み聞かせのさいに一番大事にしているのは、とにかく子供たちに心地よく絵を見てもらうことです。絵本には、「いつまでも見ていたい」と思うような絵がいっぱい詰まっています。絵本を通じて、これまでに知らなかった体験をすることもできます。読み聞かせをすると、そんな時間をプレゼントできるんです。
 子供たちの目線を見ながら、子供たちの気持ちの状況や雰囲気を感じます。絵本のなかに自然に入っていけるかどうか、そのために僕がふだん気をつけていることをお話しましょう。

 キャラクターを演じない
 僕は元々個人的に「きかせ屋。けいたろう」として、6年前に路上で読みきかせを始めました。読む前にはギターを弾いたり、挨拶をしたり、パフォーマンスをします。ただ、いざ絵本をひらくと、読み方は普通というか自然なので、驚かれることもあります。
「あまり派手な声色は使わないほうがいい」と気づいたのは、以前、『だいくとおにろく』を読んだときです。キャラクターになりきろうとして、おにのセリフのところを、怖い声を使ってすごみました。男だから、声の太さなども活せると思って。すると、子供たちは絵本の絵じゃなくて、自分を見ていたんです。「面白いお兄ちゃんだな〜」って感じで。これは、読み聞かせとして失敗でした。自然な声色をつかったほうが、子供たちは絵本に入り込めるんですね。今は、子供たちの視線が、絵本に向いているか、自分に向いていないか、この点をボーダーラインとして気をつけています。(※乳児は、読み手を見て楽しむことも多いです。)

『タップのゆめ』
『タップのゆめ』
(アンマサコ/作 講談社)

本当にいつまでも見ていたくなるような画ですね。これから何か始まりそうなドキドキ感で溢れていて大好きです。
 自分が読んで楽しいものを選ぶ
 僕は1回の読み聞かせで5〜6冊の絵本を読むこともありますが、その本は自分が一緒に楽しめるか、共感したいと思う絵本を選びます。自分が心から楽しいと思って読むと、自然と子供たちにも楽しい気持ちが伝わるからです。そのうえで、子供たちの雰囲気を見て、緊張したら、たとえば、掛け合いをしたらいいかな、ということで、しかけ絵本を選んだりします。

 絵本って、漢字で[糸][会][本]と書きますね。つまり、会うことを糸(むす)んでくれる本、なんですよ。読み聞かせを始める前は、読み手も聞き手も初対面なのでとても緊張しています。でも、一緒に絵本の世界に入って、手をたたいたり声をだしたりする。すると、不思議な一体感が生まれます。だから、読み終わると、聞き手だけでなく、絵本にも「ありがとう」って、拍手を送るんです。
 
坂口隊長のソロ活動の詳細はこちらからご覧ください
「きかせ屋。けいたろう」ホームページ http://kikaseya.jp
バックナンバー
第13回 上野の森読み聞かせイベント大盛況でした!
第12回 「おはなし会をやってみよう!」vol.3
第11回 おはなし隊に、女優の茉奈・佳奈さん登場!
第10回 「おはなし会をやってみよう!」vol.2
第9回 「おはなし会をやってみよう!」vol.1
第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」
第7回 「マジマジさんのマジック教室」
第6回 編集(エ)の「おななし隊」体験記2
第5回 編集(エ)の「おななし隊」体験記1
第4回 おはなし隊・坂口慶隊長より
第3回 よみきかせポイント『振ってきました』『おっとっと』『ともだち』
第2回 よみきかせポイント『ねえ、あそぼ! 2さいのパンダちゃん』『りんごが コロコロ コロリンコ』
第1回 よみきかせポイント『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』『ショコラちゃんの あいうえお』『ダレ・ダレ・ダレダ』

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本