おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス 第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」

新連載 おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第8回

 2011年はみなさんにとってどんな1年だったでしょうか。今回は、この1年「おはなし隊」隊長さんやボランティアさんに支持され、ブレイクした絵本を年齢別に紹介! 子どもたちの笑顔が浮かんでくるようなラインナップとなりました。



0歳から

「みんなは、何歳ですか?」の問いかけに、「2歳!」「3歳!」とかわいい声が返ってきます。おなじ年の主人公に親近感がひろがります。100名近くの会場でも、この小さな絵本が大活躍、場内がひとつになります。1冊まるごと読むときもありますが、何ページか抜き読みするにもうってつけ。「ハンドル」のページと、「ふうせん」が一緒に参加してもらいながら楽しめます。最後の「カメラ」のページは、思わず、「いいおかお」で記念撮影に……。



3歳から
『のりもの つみき』
『のりもの つみき』
(よねづゆうすけ/作)

シンプルな構図と鮮やかな色合いが、小さな子どもたちにも大うけです。なんといっても「つみき」の現役(!)、オトナが「何だろう?」と思う画面も、あっさりご名答。みんなで盛り上がるので、おはなし会の導入にも、ぴったりの1冊です。最後のロケットが月に向かうシーン、夢のある終わりに拍手がおこります。幼年から小学校まで、幅広い年齢に読んでいます。



4歳から
『うちゅうじんはパンツがだいすき』
『うちゅうじんはパンツがだいすき』
(クレア・フリードマン/作 ベン・コート/絵 中川ひろたか/訳)

前作『きょうりゅうはパンツがだいすき』をしのぎ、「おはなし隊」の定番になりました。かわいいパンツがいっぱいの扉を開いたとたんに、笑顔がひろがります。パンツネタはたくさんありますが、宇宙人という人気者が主人公なだけに、おはなしにグングン引き込まれていくようすが、読み手にも伝わります。ひとりで読めるようになった小学生からも引っ張りだこで、キャラバンカーの中で争奪戦が起こります! 12月には新作『サンタクロースもパンツがだいすき』も大活躍してくれました。



4歳から

「かえうた、って知ってるかな?」。みんなの知っている「こいのぼり」を一曲歌うところからこの絵本は始まります。次々に飛び出す、ユニークな「かえうた」に抱腹絶倒! おはなし会の後にはみんなが自分のかえうたを、鼻歌でフンフン、フ〜ン……。楽しい締めくくりになること請け合いです。本来は、行事絵本ではありますが、季節にかかわらず、たくさん読む機会がありました。



小学生から
『ともだち』
『ともだち』
(太田大八/作)

隊長たちが、心をこめて読み続けています。ひとりひとり、個性豊かな小学生たちの「20年後」。いろんな職業のオトナに成長していくんですね。未来に向かって大きく羽ばたく子どもたちの夢が重なっていきます。子どもたちだけでなく、先生はじめ皆さんに「いいおはなしだった!」と喜ばれています。決して派手ではありませんが、大切な一冊に出会えたと思います。
バックナンバー
第13回 上野の森読み聞かせイベント大盛況でした!
第12回 「おはなし会をやってみよう!」vol.3
第11回 おはなし隊に、女優の茉奈・佳奈さん登場!
第10回 「おはなし会をやってみよう!」vol.2
第9回 「おはなし会をやってみよう!」vol.1
第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」
第7回 「マジマジさんのマジック教室」
第6回 編集(エ)の「おななし隊」体験記2
第5回 編集(エ)の「おななし隊」体験記1
第4回 おはなし隊・坂口慶隊長より
第3回 よみきかせポイント『振ってきました』『おっとっと』『ともだち』
第2回 よみきかせポイント『ねえ、あそぼ! 2さいのパンダちゃん』『りんごが コロコロ コロリンコ』
第1回 よみきかせポイント『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』『ショコラちゃんの あいうえお』『ダレ・ダレ・ダレダ』

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本