おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス 第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」

新連載 おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第8回

 2011年はみなさんにとってどんな1年だったでしょうか。今回は、この1年「おはなし隊」隊長さんやボランティアさんに支持され、ブレイクした絵本を年齢別に紹介! 子どもたちの笑顔が浮かんでくるようなラインナップとなりました。



0歳から

「みんなは、何歳ですか?」の問いかけに、「2歳!」「3歳!」とかわいい声が返ってきます。おなじ年の主人公に親近感がひろがります。100名近くの会場でも、この小さな絵本が大活躍、場内がひとつになります。1冊まるごと読むときもありますが、何ページか抜き読みするにもうってつけ。「ハンドル」のページと、「ふうせん」が一緒に参加してもらいながら楽しめます。最後の「カメラ」のページは、思わず、「いいおかお」で記念撮影に……。



3歳から
『のりもの つみき』
『のりもの つみき』
(よねづゆうすけ/作)

シンプルな構図と鮮やかな色合いが、小さな子どもたちにも大うけです。なんといっても「つみき」の現役(!)、オトナが「何だろう?」と思う画面も、あっさりご名答。みんなで盛り上がるので、おはなし会の導入にも、ぴったりの1冊です。最後のロケットが月に向かうシーン、夢のある終わりに拍手がおこります。幼年から小学校まで、幅広い年齢に読んでいます。



4歳から
『うちゅうじんはパンツがだいすき』
『うちゅうじんはパンツがだいすき』
(クレア・フリードマン/作 ベン・コート/絵 中川ひろたか/訳)

前作『きょうりゅうはパンツがだいすき』をしのぎ、「おはなし隊」の定番になりました。かわいいパンツがいっぱいの扉を開いたとたんに、笑顔がひろがります。パンツネタはたくさんありますが、宇宙人という人気者が主人公なだけに、おはなしにグングン引き込まれていくようすが、読み手にも伝わります。ひとりで読めるようになった小学生からも引っ張りだこで、キャラバンカーの中で争奪戦が起こります! 12月には新作『サンタクロースもパンツがだいすき』も大活躍してくれました。



4歳から

「かえうた、って知ってるかな?」。みんなの知っている「こいのぼり」を一曲歌うところからこの絵本は始まります。次々に飛び出す、ユニークな「かえうた」に抱腹絶倒! おはなし会の後にはみんなが自分のかえうたを、鼻歌でフンフン、フ〜ン……。楽しい締めくくりになること請け合いです。本来は、行事絵本ではありますが、季節にかかわらず、たくさん読む機会がありました。



小学生から
『ともだち』
『ともだち』
(太田大八/作)

隊長たちが、心をこめて読み続けています。ひとりひとり、個性豊かな小学生たちの「20年後」。いろんな職業のオトナに成長していくんですね。未来に向かって大きく羽ばたく子どもたちの夢が重なっていきます。子どもたちだけでなく、先生はじめ皆さんに「いいおはなしだった!」と喜ばれています。決して派手ではありませんが、大切な一冊に出会えたと思います。
バックナンバー
第13回 上野の森読み聞かせイベント大盛況でした!
第12回 「おはなし会をやってみよう!」vol.3
第11回 おはなし隊に、女優の茉奈・佳奈さん登場!
第10回 「おはなし会をやってみよう!」vol.2
第9回 「おはなし会をやってみよう!」vol.1
第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」
第7回 「マジマジさんのマジック教室」
第6回 編集(エ)の「おななし隊」体験記2
第5回 編集(エ)の「おななし隊」体験記1
第4回 おはなし隊・坂口慶隊長より
第3回 よみきかせポイント『振ってきました』『おっとっと』『ともだち』
第2回 よみきかせポイント『ねえ、あそぼ! 2さいのパンダちゃん』『りんごが コロコロ コロリンコ』
第1回 よみきかせポイント『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』『ショコラちゃんの あいうえお』『ダレ・ダレ・ダレダ』

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本