おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス 第6回 編集(エ)の「おななし隊」体験記2

新連載 おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバイス

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。


第6回
話/全国訪問おはなし隊

★こんにちは、編集(エ)です。先月からお届けしている「おはなし隊」体験記。今月は初めての読み聞かせレポートの続きです。

 快晴の朝、訪れたのは中新田幼稚園。仙台から約1時間、宮城県の内陸にむけてキャラバンカーは走りました。少し早めに着いたので近隣の駐車場で待っていると、登園する子どもたちを乗せた車が通ります。すると、車の中から子どもたちの熱い視線が! キャラバンカーに描かれた、もったいないばあさんやショコラちゃんの大きな絵、みんな大好きなのでしょう。
 時間になって幼稚園の園庭に入ろうとすると大歓声が湧きます。ピアニカを弾いて、迎えてくれた男の子もいました。人からこんなに歓迎されるのは初めてのことで、なんだか私のテンションも上がってきます。
 
 さあ、おはなし会が始まります。3〜4歳の72人のこどもたちですが、静かに、そしてとても綺麗に並んでくれました。私も赤いエプロンをつけて、初めての読み聞かせです。まずは隊長とふたりで『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』(いりやまさとし/作 講談社)。2冊同時に読むと、とっても楽しいパンダの絵本。読み方のコツはコチラ→

 実は、私、昔バンドのボーカルをしていたので声の大きさには多少の自信があります。が、やはり「タイミング間違えないかな……」「ちゃんと、みんなに絵を見せることができるかな……」「噛まないかなぁ」と、不安がふつふつ……。
 とうとう出番がやってきて、ページをめくると無我夢中。とにかく、隊長がリードしてくれて、視線を合わせながらなんとか読むことができました。こどもたちもパンダが大好きで、パンダの「テンテン」と「タンタン」が出会うと「あっ!」と、笑顔がこぼれます。絵本と、子どもたちとのキャッチボールをしているみたいで、楽しい! まずまずのデビューとなりました。

 意気揚々と、午後、訪れたのは加美町鹿原小学校。開放的な校舎で素敵な小学校でした。全校生徒44人、6年生を中心にとっても仲良く、しっかりとした子どもたちでした。

鹿原小学校に到着! お城のような素敵な校舎でした。子どもたちは給食時間中で、なかから元気な声が聞こえてきます。

『ともだち』
『ともだち』(太田大八/作 講談社)
 読んだのは、『イカタコつるつる』『ともだち』。『ともだち』は、主人公のやまぐちくんが、小学校の仲間とその20年後のようすを語りかけるお話ですが、私が小学校を卒業したのが、奇しくも20年前(歳がバレますか……)。一人勝手に感慨にふけっていました。
 コツはコチラ→。もちろん「20年後」とページをめくるところは、「にじゆうねんご……」には力を入れて読みます。いや、ちょっと力が入りすぎて、怖かったかもしれません(笑)。
 読み終わったら、思わず子どもたちに「20年後は何になっていたいかな?」って問いかけてしまいましたが、本当に子どもたちの将来は前途洋々。いろんな本を読んで夢を叶えて欲しいな、と思いました。

ありゃりゃ、ちょっと下を向いてしまっていましたね……反省。もう少し斜めに腰掛けて、肩口まで絵本を持ち上げると良かったかもしれません。
読んだあとには拍手をいただきました。ほっと、ひと安心……。




『イカタコつるつる』 『イカタコつるつる』(長新太/作 講談社)
鹿原小学校の1〜3年生の会で読んだ、もっともお気に入りの絵本『イカタコつるつる』。イカとタコがお店でラーメンとスパゲティを食べると、あれあれ〜……。ちょっと驚きの展開になります。絵もリズムも面白い絵本です。編集部で教えてもらったコツをちょっと紹介します。

(1) イカがお店でラーメンを食べます。「つるつる つるつる つーるつる♪」と、楽しそうに、リズム良く読んであげます。
(2) ありゃ! 麺と足がこんがらがって、口の中に入ってしまいます。このページは絵もかわいくて、子どもたちにも笑いが起きます。「いったいけど……おいしいよ〜〜〜」と、対照的な気持ちを読んであげます。
(3) 「ごちそうさまでした〜。」と裏表紙まで見せてあげます。あれ、イカとタコはどこへ行ってしまったのでしょうか……。
バックナンバー
第13回 上野の森読み聞かせイベント大盛況でした!
第12回 「おはなし会をやってみよう!」vol.3
第11回 おはなし隊に、女優の茉奈・佳奈さん登場!
第10回 「おはなし会をやってみよう!」vol.2
第9回 「おはなし会をやってみよう!」vol.1
第8回 「2011年ブレイクした絵本―年齢別―」
第7回 「マジマジさんのマジック教室」
第6回 編集(エ)の「おななし隊」体験記2
第5回 編集(エ)の「おななし隊」体験記1
第4回 おはなし隊・坂口慶隊長より
第3回 よみきかせポイント『振ってきました』『おっとっと』『ともだち』
第2回 よみきかせポイント『ねえ、あそぼ! 2さいのパンダちゃん』『りんごが コロコロ コロリンコ』
第1回 よみきかせポイント『ころころパンダ』『ゆらゆらパンダ』『ショコラちゃんの あいうえお』『ダレ・ダレ・ダレダ』

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

「にじいろのさかな」シリーズ

  • にじいろのさかな

    にじいろのさかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    にじいろに輝くうろこをもった、世界でいちばん美しいさかな。でも、彼はひとりぼっちでさみしい。ある日彼は、かしこいタコに相談にいくことにしましたが……。

  • にじいろの さかな 0歳の本

    にじいろの さかな 0歳の本

    マーカス・フィスター/絵

    じゃばら式のさわって楽しい絵本。「みんななかよし」「うみのいきもの」の2冊セット(ケース入り)。

  • にじいろの さかな きらきら おふろえほん

    にじいろの さかな きらきら おふろえほん

    マーカス・フィスター/絵

    おふろのなかで、まるでうみのなかをさがすように、絵本のなかから、にじうおやなかまたちを見つけよう!

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    夜になっても眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。 もし、おばけうおが来たら? もし、たこの墨の中で迷子になったら? でも、そのたびに、ママが安心させてくれ、ひれでぎゅうっと抱きしめてくれるのです。 親子の愛情を感じさせる、あたたかな「おやすみなさい」の本。

  • にじいろのさかなしましまをたすける!

    にじいろのさかなしましまをたすける!

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    にじいろのさかなたちのところに、しましまさかながやってきました。でも、キラキラうろこをもっていないので、仲間に入れてもらえません。そこへ、突然サメがあらわれて……。

  • にじいろの さかな きらきら シールえほん

    にじいろの さかな きらきら シールえほん

    マーカス・フィスター/絵

    大ロングセラーの「にじいろのさかな」シリーズに、シール絵本が登場。子どもたちが大好きなシール遊びを思う存分に楽しめます。「にじいろのさかな」ならではの、きらきら光るホログラフィシールつき。

  • げんきの絵本  にじいろの さかな めいろえほん

    げんきの絵本  にじいろの さかな めいろえほん

    講談社/編

    マーカス・フィスター著の名作絵本「にじいろの さかな」に登場するキャラクターたちが、お話のシチュエーションにあわせた迷路で大冒険。あなたは、10この迷路をクリアできるかな?

季節の絵本