第38回講談社絵本新人賞受賞 
はまぎしかなえの制作日記
第2回「おじいちゃんの家と記憶」

みなさまこんにちは。
冬も後半ですが京都はまだまだ寒いです。

さて前回の制作日記でお会いしたときから早一ヶ月。
みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。
わたしは俄然ラフづくり……ではなく(!?)、卒業制作に励んでおりました!
実はいま美術大学に通っており、先月は卒業のための作品づくりをしていたのです。

卒業制作では、自分のおじいちゃん・おばあちゃんの家をモチーフにした絵本集をつくりました。
小さい頃に体験した嬉しいことや怖かったことを、もう一度鮮明に思い出すことができたら楽しいだろうなと思いこのテーマを選んだのですが、思い出が多すぎてまとめるのがとても難しかったです。(でも無事にできあがってよかった~!)

(作品は2/8~2/12まで京都市美術館で展示していました。)

(おじいちゃん家にまつわる11冊のミニ絵本とそれを入れる木箱を作りました。)

おじいちゃんといえば、『ピアノ』もおじいちゃんがモチーフのひとつですね。
絵本に登場するピアノは実際にわたしのおじいちゃんが母のために買ったもので、ずっとおじいちゃんの家にありました。
その記憶があったから、無意識に主人公をおじいちゃんにしたのかもしれません。

(ピアノを弾く小さい頃の自分です。すごいカメラ目線だ……)

順調に遅れながら作っている今作ですが、次回の制作日記ではぜひ良いご報告をしたいですね。
それではまた!

はまぎしかなえ
1992年生まれ。京都市立芸術大学美術学科ビジュアルデザイン専攻卒業。
京都市立芸術大学大学院美術研究科ビジュアルデザイン専攻在籍。
2014年9月個展「いきもののすがた」開催(gallery shop collage) 

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おやすみなさいの絵本

  • ゆうくんの くまパジャマ

    ゆうくんの くまパジャマ

    中谷靖彦/絵
    カザ敬子/作

    ある日、ゆうくんに、素敵な「くまパジャマ」が届きました。さっそく着がえたゆうくんは、「ぼく、くまだぞー」とおおはしゃぎ。ところが、その後、ゆうくんに不思議なことがおこります。心温まる、おやすみ絵本の新定番。

  • ねんねん どっち?

    ねんねん どっち?

    宮野聡子/作

    どっち? という楽しい質問につぎつぎ答えていくうちに、自然に眠りの世界へといざなっていきます。おやすみ前のひととき、「どっちあそび」で親子の豊かな時間をすごしませんか?

  • ねんね

    ねんね

    さこももみ/作

    「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

  • ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    ゆっくり おやすみ にじいろの さかな

    マーカス・フィスター/作
    谷川俊太郎/訳

    眠れないにじうおは、こわいことばかり考えてしまいます。親子の愛情を感じさせる一冊。手に取りやすいミニサイズの年少版もおすすめです。

  • 0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    0・1・2さいのすこやかねんねのふわふわえほん

    前橋明/監修

    おふとんみたいに表紙がふわふわ! しぜんに生活リズムが身につき、気持ちのよい眠りへとみちびく、心とからだが安心するおはなしいっぱい!
    親子のふれあいを生む、ねんねのうたとおはなし決定版!

  • おやすみなさいの おと

    おやすみなさいの おと

    いりやまさとし/作

    おやすみなさいの時間です。でも、あらいぐまの子どもたちは、外からきこえてくる音が気になって眠れません。心安らぐ、静かでやさしい寝かしつけの絵本。

  • おやすみ ぞうちゃん

    おやすみ ぞうちゃん

    三浦太郎/作

    ぞうちゃんは、泣いたり笑ったり、おおいそがし。おやすみまでの一日を、ユーモアたっぷり、愛情豊かに描きます。シリーズ第3弾。

  • おやすみ のらちゃん

    おやすみ のらちゃん

    よねづゆうすけ/作

    猫ののらちゃんは、そろそろねるじかん。 きがえは? トイレは? はみがきは? おやすみ前にぴったりの、とっておき仕掛け絵本。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る