第38回講談社絵本新人賞受賞 
はまぎしかなえの制作日記
第2回「おじいちゃんの家と記憶」

みなさまこんにちは。
冬も後半ですが京都はまだまだ寒いです。

さて前回の制作日記でお会いしたときから早一ヶ月。
みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。
わたしは俄然ラフづくり……ではなく(!?)、卒業制作に励んでおりました!
実はいま美術大学に通っており、先月は卒業のための作品づくりをしていたのです。

卒業制作では、自分のおじいちゃん・おばあちゃんの家をモチーフにした絵本集をつくりました。
小さい頃に体験した嬉しいことや怖かったことを、もう一度鮮明に思い出すことができたら楽しいだろうなと思いこのテーマを選んだのですが、思い出が多すぎてまとめるのがとても難しかったです。(でも無事にできあがってよかった~!)

(作品は2/8~2/12まで京都市美術館で展示していました。)

(おじいちゃん家にまつわる11冊のミニ絵本とそれを入れる木箱を作りました。)

おじいちゃんといえば、『ピアノ』もおじいちゃんがモチーフのひとつですね。
絵本に登場するピアノは実際にわたしのおじいちゃんが母のために買ったもので、ずっとおじいちゃんの家にありました。
その記憶があったから、無意識に主人公をおじいちゃんにしたのかもしれません。

(ピアノを弾く小さい頃の自分です。すごいカメラ目線だ……)

順調に遅れながら作っている今作ですが、次回の制作日記ではぜひ良いご報告をしたいですね。
それではまた!

はまぎしかなえ
1992年生まれ。京都市立芸術大学美術学科ビジュアルデザイン専攻卒業。
京都市立芸術大学大学院美術研究科ビジュアルデザイン修了。
2014年9月個展「いきもののすがた」開催(gallery shop collage) 

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る