第38回講談社絵本新人賞受賞 
はまぎしかなえの制作日記
第3回「ラフと本描きの間に」

みなさまこんにちは。
この度ようやくラフが終わりに近づいてきました!

いや~よかった~! ほんとによかった~~!(泣)

まだ本当のOKは頂いてないのですが、もうすでに何もかも終わったような(!?)気分になっています。ですがこれからが本番なので、カレンダーを見て、気を引き締めていきます!

今回一番の進展は、何度も(エ)さんとやりとりしてラフを描き直しているうちに、悩んでいた中盤部分の流れを掴めてきたことです。現状打破のきっかけは「おじいさんの感情のつながりを意識してみてください」という(エ)さんの一言でした。
それまで私は「ページのつながり」=「絵と絵のつながり」としか考えておらず、おじいさんの感情や考えるテンポといった人間味が足りないラフになっていました。

「ページのつながり」=「感情のつながり」を意識した途端すごく考えがすっきりして、やっぱり編集者のアドバイスはすごいなあ……と感動しました。

さて、これでOKがいただければついに本描きです!
私はいつも白黒のラフを描いたあと、カラーラフ、本描きという手順ですすめていきます。

白黒のラフ。今回は描写・郵送時間の短縮のため、デジタルでも描きました。

カラーラフ。色を手軽に何回も変えられるのでデジタルで描きます。

本描き。画用紙にパステルで描きます。仕上げの細い線などはアクリルガッシュを使います。


私は配色を考えるのが苦手で、本番一発描きだとほとんど必ず納得のいかない色合いになってしまうので、一度線画とは別に色だけ考えます。(これがカラーラフの行程です)そして出来上がったカラーラフを参考にパステルを重ねて色を作ります。
よく「なぜパステルを使ってるの?」と聞かれるのですが、それは色数が限られているからです。(他にも塗りつぶした時のテクスチャが好きとか手軽に描けるとかありますが、一番の理由はこれです!)
パステル同士を並べてみることで大体の色合いが掴めますし、大体の色数が決まっていれば迷うことが減るので、配色が苦手な自分にとってはぴったりの画材だと思います。

母にもらったパステルを買い足しながら使っています。
(色数が限られている、という割には十分多いかも……?)

次回はぜひ「本描きが終わった!」という明るいお知らせをしますのでご期待くださいね! (……と宣言しておく背水の陣!)
それではまた!

はまぎしかなえ
1992年生まれ。京都市立芸術大学美術学科ビジュアルデザイン専攻卒業。
京都市立芸術大学大学院美術研究科ビジュアルデザイン修了。
2014年9月個展「いきもののすがた」開催(gallery shop collage) 

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る