第38回講談社絵本新人賞受賞 
はまぎしかなえの制作日記
第6回「まっかっかの色校正!」

みなさま、こんにちは。
夏らしい日も増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このたび、ついに必要な絵をすべて提出し終わったので、色校正をするため京都から東京へ行ってきました!
事前に表紙や中身のデザインを見せていただいてはいましたが、実物を見るのをすごく楽しみにしていました。講談社の入り口前にて(エ)さんと合流、いよいよ色校とご対面です!

うわ~!本になってる~~!!(大感動!)

当日夢中になりすぎて写真を撮り忘れたので、この度は自宅で撮り直した写真を使っています。せっかくの臨場感が写真で台無し…?

表紙も帯も、文字が入るとすごくかっこよくて、原画がより引き立てられたような印象です。しかも帯(背も後ろもあります)やリード文(表紙の折込部分に書かれた文章)にもすごくいいことばかり書いていただいて感無量……!
デザイナーさん、(エ)さん、本当にありがとうございます!

歴代の受賞作も帯に並んでいます。うれしいなあ…!

見返しもさわやかです!

ひと通りゲラを見たところで、さっそく色校を開始です。
色校は原画と印刷物を見比べて、修正箇所を検討する作業です。全体的に明るすぎないか、赤み強すぎないか、チェックします。

すると、さっきまで興奮していて気づかなかった原画のアラが見えてくる、見えてくる!
小さなゴミや、パステルの粉汚れ、塗りムラなど、バッチリ印刷に出ていました。
そして次は、大量に赤字をいれていきます!
(印刷所のみなさま本当にご迷惑をおかけいたします…。)

自分の作業の速さや丁寧さがいろんな人に影響することを考えて、もっと隅々まで気を配って描かないといけないなぁ、と赤字を入れるたびに反省しました。

画面いっぱいに赤字が……。

このとき一緒に、原画の矛盾(描き忘れ、色違いなど)やネームの修正も教えてもらいます。

反省点もたくさんあったのですが、(エ)さんとわいわいお喋りしながらやる色校はとても楽しかったです!
なにより出来上がった表紙を見た瞬間に、いよいよ出版するんだなぁと改めて感じました。


このあと2回目の色校をしたら晴れて校了です。
受賞からの長い道のりが無事終わりそうで、安心したような、寂しいような……。

みなさまに書店で手にとっていただけるよう、あとすこしですが頑張ります。

はまぎしかなえ
1992年生まれ。京都市立芸術大学美術学科ビジュアルデザイン専攻卒業。
京都市立芸術大学大学院美術研究科ビジュアルデザイン修了。
2014年9月個展「いきもののすがた」開催(gallery shop collage) 

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

犬が活躍する本

  • おっとっと

    おっとっと

    木坂 涼/文
    高畠 純/絵

    いぬのとうさん、おっとっと
    どうぶつたちも、おっとっと
    ハラハラドキドキ「おっとっと」な場面をユーモアいっぱいに描く絵本
    よみきかせにぴったり!!

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン/絵
    木坂 涼/訳

    ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!

  • ガストン

    ガストン

    ケリー・ディプッチオ/文
    クリスチャン・ロビンソン /絵
    木坂 涼/訳

    犬のガストンは、ちょっぴりきょうだいとちがっています。だけどみんな、とってもなかよし。ある日、公園で、ガストンにそっくりな家族に出会って……。全米で数々のベストブックに選ばれた、家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

  • あ~っ!

    あ~っ!

    カンタン・グレバン/作

    どうしてこうなるの!?
    文字のない世界がイメージの翼を広げる、サン=テグジュペリ賞受賞のカンタン・グレバンの大傑作!

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • いとしの犬 ハチ

    いとしの犬 ハチ

    いもとようこ/作・絵

    今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
    いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る