第39回講談社絵本新人賞受賞 
はっとりひろきの制作日記
第2回「アイデアを出すこと」

 皆さまこんにちは、はっとり ひろきです。今回は、年末の打ち合わせから原画に取り掛かる様子をお伝えしたいと思います。

 年末近くに講談社にて打ち合わせがありました。その日の朝は風が強かったのですが、そのおかげで雲がどんどん飛ばされて、新幹線に乗るころには、打ち合わせに行くというドキドキを沈めてくれるかのように素晴らしい天気になりました。新幹線からの富士山を、初めてはっきり見ることが出来るくらいでした。そして、贈賞式の日以来、久しぶりに講談社に行きました。前回は、緊張の汗と暑さでペンが滑って上手く名前が書けなかったなぁ。ということを思い出しながら受付を済ませ、エレベーターで編集部に向かいました。

 担当編集者の(シ)さんと、お会いした時に、デスクの上に出来たての年賀状が積んであり、見せていただきました。正直な反応は、ぉおー。でした。ほぉー。でも、へぇー。でもなく、ぉおー。です。自分が描いたものが形になるという喜びを感じました。ありがとうございます。

 今回は、ラストと表紙のラフの打ち合わせでした。事前に数パターンずつ提出してあったのですが、ラストの方は、もう少し練り直してみましょうということになり、表紙の方は、数点をデザイナーさんに提出して相談する、ということに決まりました。そしてとうとう、ゴーサインが出ているページから原画に取り掛かっていいということだったので、年末年始を原画と共に過ごしたというくらい、家族そっちのけで机に向かっていました(ごめんなさい)。

 時にはこんなことも。うまくいかず、3回も描きなおし……。ポリポリポリ……。と、チョコレートをかじって気を取り直しながら、進むのでありました。

 そして、今は1月中旬です。
 ラストのラフは、(シ)さんと、僕のイメージがぴったり重なったものが見つかったので、ほっとしています。ところが表紙がまだ完成していません。(シ)さんと、デザイナーさんに手伝っていただきながら、これだ! というものを探り当てたいです。原画のほうも、スケジュール内で仕上がるように、なんとか進めています。(この制作日記が掲載されるまでには、ちゃんと提出したいです。)

 写真は表紙のラフ案の一部です。この中に表紙になるものがあるのでしょうか……。自分の中にあるものを絞り出して、今は必死に探っている状態なのですが、描く楽しみのせいか(ランナーズハイ状態なのか)止まりません。本当にありがたいことだと思い、ひとつひとつ妥協をせずに一緒に作りあげていきたいです。

 絵本の話ではないのですが、ランナーズハイになれる秘密をもうひとつ。僕が、ちょっとしたイラストやポップなどを描いたり作ったりしている、フローリスト花憐という素敵な花屋さんのオーナーさんと、年末にお話しさせていただくことがありました。アレンジメントの花が素晴らしくて、子供と一緒に教室に行くこともあります。26周年を迎え、商品を見るたびに、長い間ずっとアイデアを考え続けるのは大変だろうな、と思っていました。その時の僕はラフが行き詰っていて、おでんで言うところの、「ブヨブヨになった はんぺん」の状態だったのです。そう! あの箸でつまんでも持ち上がるまでに切れて落ちてしまいそうな、あの状態です!(意味不明)そこで、こう聞いてみたのです。
「次から次へとアイデアを考えるのは、大変な時もありますよね。」
 すると、笑顔で答えが返ってきました。
「全然そんなこと無いですよ。楽しいですから。」
 僕は、あまりにも期待した答えと違ったので衝撃を受けました。
 楽しむということは、当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、アイデアを出すのは大変なことなのだという思い込みが、少なからず自分の中にあったことが、恥ずかしくなりました。自分がまた、あの「はんぺん おじさん」になった時に、笑顔で楽しんでいるのか、これからも問いかけていきたいと思いました。

 次回は、原画の完成から絵本になっていくまでの未知の世界を僕なりにお伝え出来たらうれしいです。今回も読んでいただき、ありがとうございました。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る