第34回講談社絵本新人賞受賞 
種村有希子の制作日記
第2回「まゆげが大事」

こんにちは。
あっという間に12月ですね。
先日の打ち合わせは、前回の計画通り、某図書館内にあるカフェで行われました!
場所が変わると、気分も変わって新鮮でした。

今回の話の争点は、原画で直しをいれる部分について。
この絵本は、子供の表情が一番のポイントなのですが、問題になったのがテレビを見ている主人公の目元。
どんな番組を、どんな気持ちで見ているのか、それに対して果たしてこの目元でよいのか? という(エ)さんの問いかけ。う~ん確かに……主人公の心情を話しつつ、その場で表情を色々描いてみました。重要なのが、眉毛です。
この眉毛を描くのが本当に難しい。ちょっとした一手で全然違う感情を示してしまうのです。

今回絵本を描くにあたって、幼い頃の兄弟の表情をよく思い出したり、友人の子供をよく見たりしたのですが、実感したことは、いかに子供に色んな表情があるかということです。
はじけるように泣いたり、口を開けてぼうっとしたり……。
この表情、自然に出てしまう感情が子供時代の生活を豊かにしているんだなあとあらためて思ったのです。
大人になると、いつでも全部の感情をさらけだすわけにはいかなくなるから、子供の様々な表情に魅力を感じてしまうのかもしれません。
そんなことを思いつつ、ともかく「この眉毛の感じでいきましょう!」という眉毛が偶然描けたので、その他の改善点も打ち合わせてお開きとなりました。

帰りは、ちょっと高い建物に入って、窓から近くの公園の紅葉を眺めて、(エ)さんと感激! 
よく公園を散歩するのですが、上から見るとまた印象が違って新鮮。色が目に飛び込んできました。
余談ですが、大学時代、ある講義で聞いた「自分の目の前を一瞬通り過ぎたものを見逃してはいけない。
それが、あなた自身です」という言葉をずっと覚えています
私の生活範囲はかなり狭いけど、同じ風景なのに気付く点が日々違います。
そして、この少しの「あっ」という瞬間が、制作のきっかけになります。
それらの中には、すぐに絵本になりそうなものもあるし、まだ心の中に寝かせる時間が必要なものもありますが、ひとつずつ丁寧に形にしていきたいと思っています。
今は、まず「きいの家出」の完成第一ですが!
それでは、皆様もよいお年をお迎え下さい。

「2013年の年賀状」

種村有希子(たねむら ゆきこ)
1983年、北海道釧路市生まれ、多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。絵画や映像、インスタレーションなど、様々な表現方法で作品を手がける。
2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト入選、2012年、第34回講談社絵本新人賞受賞。

講談社の創作絵本
『きいのいえで』 種村有希子/作

ねぇ。おかしたべてから いったら?
ある日、ふたごのきいが「家出する」って言い出した。お気に入りの物をどんどんリュックサックに詰めていく。どうしよう、本当にいなくなっちゃうの?
第34回講談社絵本新人賞受賞作

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • もったいないばあさん

    もったいないばあさん

    真珠 まりこ/著

    「もったいない」って、どういう意味?

    きょうも あの ばあさんが やって きた――もったいない こと して ないかい?

  • だいじょうぶ だいじょうぶ

    だいじょうぶ だいじょうぶ

    いとう ひろし/文・絵

    おじいちゃんと散歩しながらわかったこと。道ばたの小さなものにも声をかけるおじいちゃん。楽しい散歩をしながら不安なことや怖いものも知ったぼく。ぼくはこのままちゃんと大きくなれるんだろうか?

  • ほしじいたけほしばあたけ

    ほしじいたけほしばあたけ

    石川 基子/作

    タマゴタケやキヌガサダケ……いろいろなきのこが暮らすきのこ村は、いつもにぎやか。そんなみんなから敬愛されているのが、ほしじいたけと、ほしばあたけ。ある日、村の子どもが谷から落ちてしまい、それを聞いたほしじいたけは、体を張って助けようとするのですが……。

  • うめじいのたんじょうび

    うめじいのたんじょうび

    かがくい ひろし/作

    今日はうめじいのたんじょうび。ところで、うめじいって、いくつなんだろ? 100さい? 200さい?? 1000さい!? 浅漬けきゅうりや、たくあんや、らっきょう漬けや千枚漬けが梅干しのうめじいをかこんで、たんじょうびを祝います。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る