第37回(2015年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

審査員の先生方の選評(五十音順)2015.8.18

  • 大島妙子先生

    全体的な印象としては、良くも悪くも、心に残るような作品が、あまり見られなかったような気がしました。その中で、新人賞「ピカゴロウ」は、おはなしもまとまっていて、絵、特に表情がよかった。ピカゴロウ可愛かったです。佳作「へいのむこうのおともだち」は、不思議な余韻の残る作品で、頭の中でいろいろ考えてしまいました。「きつねのきょうだいとびょーんびょーん」は面白かったです。ピンクのドレスのお母さんが登場するところなんか好きです。絵も、こんな感じのおはなしだったら、このまま貫いてってほしいと思いました。「あめんぼとみずしぶきのおうさま」ラストがよくわからなかったけど、詩のような文章が素敵でした。
  • こみねゆら先生

    お話のまとまりや流れ、絵のうまさ以外にも、何故とはわからないけど愛おしかったり、ほほえましかったり。そのプラスアルファの部分が、絵本という表現の魅力の一因かと思います。今回の審査も票が割れ、様々な意見が聞けました。タイプの違うお話や絵、感覚が受け入れられることは、絵本の許容範囲の広さや可能性を示しているように思えます。
    私が一番魅かれたのは「へいのむこうのおともだち」でした。構図も色も素晴らしかった。受賞作、佳作どれも良かったし、最終的に選に入らなかった作品の中にも、美しい作品がいくつもありました。
    自分自身本当に納得できる作品を描けたなら、好きになってくれる読者はきっとどこかにいる、と信じて、ぜひ一つ一つを大切に描き続けていただきたいと思います。
  • 中川ひろたか先生

    新人賞とは、どうあるべきなのか、5年目の今年もまた悩む。
    将来性をとるのか、完成度をとるのか、そこがいつも悩ましい。
    今回、新人賞に輝いたのは『ピカゴロウ』。ここは、完成度での受賞。
    かみなりの子どものピカゴロウが可愛くて、いとおしい。話もスムーズにつながっていて、読後感もピカイチ。ただ、まとまりすぎていて、おとなしいという意見もあって、実は僅差の受賞。その点、佳作に選ばれた3点は、どれも、未完熟ながらなんか枠にはまらない勢いがあって、とっても魅力的だ。
    『ピカゴロウ』の作者は、もう1点応募していて、その作品も大変すばらしかったそうだ。審査員の頭の中に、その総合点というニュアンスも加味されていたかもしれない。
  • 宮西達也先生

    今回の作品、すこしおとなしかったような気がする。新人賞らしく、もっと斬新なものがあってもよかったかなぁ。あと、絵はいいものが沢山あったが、ストーリーがちょっと、というものが多かった。
    新人賞に選ばれた「ピカゴロウ」絵の細かいところもしっかり描かれていて、ストーリーも最後まで読ませる力があった。鬼や女の子の表情もよかった。「きつねのきょうだいとびょーんびょーん」タイトルがながーいこの作品、絵は、けっして「うまい!」とは言えないが、なんだかほのぼの力が入ってないところが好感をもてた。おはなしは、単純で楽しい。白いタマゴのような物体がまた笑えた。ラストも心地よかった。「へいのむこうのおともだち」絵は素晴らしいとおもうが、絵本になっていない。ただ、可能性を持ったこれからが楽しみな方だとおもう。
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • たなばたまつり

    たなばたまつり

    松成 真理子/作

    願いは、きっとかなう
    七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって……。
    心あたたまる七夕のおはなし
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

  • いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    くすのき しげのり/作 つがね ちかこ/絵

    きょうは、初めての参観日。授業が始まる前、みんなドキドキして後ろを向いています。
    でも、あすかちゃんのお父さんはなかなか来てくれません。とうとう授業は始まってしまいました。お父さんは「参観に行けるかどうかは分からない」と言っていたけど……。期待と不安でいっぱいになりながら、何度も後ろを振り返るあすかちゃん。そのとき!

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

  • いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    くすのき しげのり/作 稲葉 卓也/絵

    小学校行事の運動会をテーマにした絵本です。走るのが苦手な主人公の男の子をエネルギッシュな校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る