第37回(2015年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

審査員の先生方の選評(五十音順)2015.8.18

  • 大島妙子先生

    全体的な印象としては、良くも悪くも、心に残るような作品が、あまり見られなかったような気がしました。その中で、新人賞「ピカゴロウ」は、おはなしもまとまっていて、絵、特に表情がよかった。ピカゴロウ可愛かったです。佳作「へいのむこうのおともだち」は、不思議な余韻の残る作品で、頭の中でいろいろ考えてしまいました。「きつねのきょうだいとびょーんびょーん」は面白かったです。ピンクのドレスのお母さんが登場するところなんか好きです。絵も、こんな感じのおはなしだったら、このまま貫いてってほしいと思いました。「あめんぼとみずしぶきのおうさま」ラストがよくわからなかったけど、詩のような文章が素敵でした。
  • こみねゆら先生

    お話のまとまりや流れ、絵のうまさ以外にも、何故とはわからないけど愛おしかったり、ほほえましかったり。そのプラスアルファの部分が、絵本という表現の魅力の一因かと思います。今回の審査も票が割れ、様々な意見が聞けました。タイプの違うお話や絵、感覚が受け入れられることは、絵本の許容範囲の広さや可能性を示しているように思えます。
    私が一番魅かれたのは「へいのむこうのおともだち」でした。構図も色も素晴らしかった。受賞作、佳作どれも良かったし、最終的に選に入らなかった作品の中にも、美しい作品がいくつもありました。
    自分自身本当に納得できる作品を描けたなら、好きになってくれる読者はきっとどこかにいる、と信じて、ぜひ一つ一つを大切に描き続けていただきたいと思います。
  • 中川ひろたか先生

    新人賞とは、どうあるべきなのか、5年目の今年もまた悩む。
    将来性をとるのか、完成度をとるのか、そこがいつも悩ましい。
    今回、新人賞に輝いたのは『ピカゴロウ』。ここは、完成度での受賞。
    かみなりの子どものピカゴロウが可愛くて、いとおしい。話もスムーズにつながっていて、読後感もピカイチ。ただ、まとまりすぎていて、おとなしいという意見もあって、実は僅差の受賞。その点、佳作に選ばれた3点は、どれも、未完熟ながらなんか枠にはまらない勢いがあって、とっても魅力的だ。
    『ピカゴロウ』の作者は、もう1点応募していて、その作品も大変すばらしかったそうだ。審査員の頭の中に、その総合点というニュアンスも加味されていたかもしれない。
  • 宮西達也先生

    今回の作品、すこしおとなしかったような気がする。新人賞らしく、もっと斬新なものがあってもよかったかなぁ。あと、絵はいいものが沢山あったが、ストーリーがちょっと、というものが多かった。
    新人賞に選ばれた「ピカゴロウ」絵の細かいところもしっかり描かれていて、ストーリーも最後まで読ませる力があった。鬼や女の子の表情もよかった。「きつねのきょうだいとびょーんびょーん」タイトルがながーいこの作品、絵は、けっして「うまい!」とは言えないが、なんだかほのぼの力が入ってないところが好感をもてた。おはなしは、単純で楽しい。白いタマゴのような物体がまた笑えた。ラストも心地よかった。「へいのむこうのおともだち」絵は素晴らしいとおもうが、絵本になっていない。ただ、可能性を持ったこれからが楽しみな方だとおもう。
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る