第37回(2015年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

受賞者の言葉 2015.9.18

  • 新人賞

    『ピカゴロウ』 ひろた みどり/ひろた だいさく(千葉県)

    昨年、佳作をいただいて、今年はそれ以上の結果を出そうと、二人でがんばりました。気持ちは誰にも負けないと思います。
    私たちはピカゴロウのことを、とてもかわいいと思いながらつくりました。愛情をもってもらえるように、感情と表情に気をつけました。読んで下さる方に伝わるとうれしいです。
    これからも、ひとつひとつ大事にお話を作っていきたいと思います。
    このたびは新人賞に選んで下さって、本当にありがとうございました。

  • 佳作

    『きつねのきょうだいとびよーんびよーん』 いいづかみこ(東京都)

    受賞することができ、大変光栄に思っております。大袈裟に思われるかもしれませんが、絵本がこの世にあって良かったと思っています。絵本が好きで、作ったら下手で落ち込んで、「どうやったら面白い絵本が作れるのだろう」と、もがき続けた10年間でした。賞を頂いたことを励みに、また地道に続けていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 佳作

    『へいのむこうのおともだち』 濵岸夏苗(京都府)

    この度はすばらしい賞を頂き誠にありがとうございます。小さい頃から常にあった「動物と真に心を通わせたい」という想いを満たすためこの絵本を作りました。読んでくれた人がオオカミとのふれあいを体感できるように、オオカミの行動やしぐさに嘘がないよう心がけました。審査員の方々に私の思いが少しでも伝わったかと思うと本当に嬉しいです。今回得た手応えや反省点を踏まえ、さらに良い絵本を作れるよう精進いたします。ありがとうございました!

  • 佳作

    『あめんぼ と みずしぶきのおうさま』 そらの みみた(神奈川県)

    佳作賞をいただき、喜びと戸惑いのなかにいます。様々な限界が立ち塞がるこの世界で、静かに眠っている子どもたちは、雄叫びを上げる準備をしています。終わりのない宿題の世界に。(がっこうが もえている きょうしつから けむりがふきだしている…せいとはみんなゆめをみている:谷川俊太郎『がっこう』)たぶん息をのむ静けさの中、天の川と大地を流れる川が垂直に交差する瞬間を眺める夢。生き生きとしたものを奪う、白々としたまだ声にならない悲鳴…空耳がします。

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • たなばたまつり

    たなばたまつり

    松成 真理子/作

    願いは、きっとかなう
    七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空へとのぼっていって……。
    心あたたまる七夕のおはなし
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

  • いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    いちねんせいの1年間 さんかんびに おめでとう!

    くすのき しげのり/作 つがね ちかこ/絵

    きょうは、初めての参観日。授業が始まる前、みんなドキドキして後ろを向いています。
    でも、あすかちゃんのお父さんはなかなか来てくれません。とうとう授業は始まってしまいました。お父さんは「参観に行けるかどうかは分からない」と言っていたけど……。期待と不安でいっぱいになりながら、何度も後ろを振り返るあすかちゃん。そのとき!

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

  • いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    いちねんせいの1年間 はしれ、ゴールの むこうまで!

    くすのき しげのり/作 稲葉 卓也/絵

    小学校行事の運動会をテーマにした絵本です。走るのが苦手な主人公の男の子をエネルギッシュな校長先生が奮闘し、ゴールを走り抜ける爽快感を伝えます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る