第37回(2015年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

講談社絵本新人賞の贈呈式が行われました 2015.9.30

2015年9月15日(火)に、講談社絵本新人賞・児童文学新人賞の贈呈式が行われました。

今年の絵本新人賞も、新人賞1作、佳作3作の大豊作でした! 受賞者の前途を祝し、選考委員の先生方をはじめ、書店の方、マスコミ関係者、歴代の新人賞受賞者など、たくさんの方がご出席くださいました。

受賞スピーチをされる、ひろただいさくさん、ひろたみどりさん。ユーモアに富んだお話に、思わず笑みがこぼれます。昨年佳作を受賞され、今回念願の本賞受賞を果たされました。

受賞作ひとつひとつに、愛と笑いをこめた選評をお話してくださった、選考委員の中川ひろたかさん。

選考委員の大島妙子さん、こみねゆらさんと、佳作受賞の濵岸夏苗さん(左奥)、同じく佳作受賞のいいづかみこさん(左手前)。作品の話で盛り上がります。

ご自身の作品への熱い思いを、こみねさんに語る、いいづかさん。とってもユーモラスな作品でした。

ひろたさんと、選考委員の宮西達也さん。ひろたさんは、もともと宮西さんのファンということで、ちょっと緊張されていましたが、宮西さんのあたたかいアドバイスに真剣に耳を傾けてらっしゃいました。

今年も、新たな才能が、たくさん芽吹いた絵本新人賞。受賞者たちの活躍をご期待くださいませ。来年の応募も、お待ちしております!

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る