第37回(2015年) 講談社絵本新人賞 
選考経過・報告

講談社絵本新人賞の贈呈式が行われました 2015.9.30

2015年9月15日(火)に、講談社絵本新人賞・児童文学新人賞の贈呈式が行われました。

今年の絵本新人賞も、新人賞1作、佳作3作の大豊作でした! 受賞者の前途を祝し、選考委員の先生方をはじめ、書店の方、マスコミ関係者、歴代の新人賞受賞者など、たくさんの方がご出席くださいました。

受賞スピーチをされる、ひろただいさくさん、ひろたみどりさん。ユーモアに富んだお話に、思わず笑みがこぼれます。昨年佳作を受賞され、今回念願の本賞受賞を果たされました。

受賞作ひとつひとつに、愛と笑いをこめた選評をお話してくださった、選考委員の中川ひろたかさん。

選考委員の大島妙子さん、こみねゆらさんと、佳作受賞の濵岸夏苗さん(左奥)、同じく佳作受賞のいいづかみこさん(左手前)。作品の話で盛り上がります。

ご自身の作品への熱い思いを、こみねさんに語る、いいづかさん。とってもユーモラスな作品でした。

ひろたさんと、選考委員の宮西達也さん。ひろたさんは、もともと宮西さんのファンということで、ちょっと緊張されていましたが、宮西さんのあたたかいアドバイスに真剣に耳を傾けてらっしゃいました。

今年も、新たな才能が、たくさん芽吹いた絵本新人賞。受賞者たちの活躍をご期待くださいませ。来年の応募も、お待ちしております!

講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る