第41回(2019年) 講談社絵本新人賞 選考経過・報告

審査員の先生方の選評(五十音順)2019.8.28

  • 木坂涼 先生

    今回も「選」の難しさに直面。「新人賞」であることを改めて意識することになりました。作品の完成度もですが、今後の伸びしろへも目を向ける。そんな選でした。新人賞『にんじゃいぬタロー』は扉絵から惹かれました。話の展開に遊び心もあり、めくっていく各ページが表情豊か。一度出した言葉(設定)は、最後に要チェックね。点検することで完成度が上がります。佳作の『はじめてのおかあさん』は主人公の女の子が生き生き。『となりのおじいさん と ぼく』は、おじいさんの妙な味わいが魅力的。『ぼくのバジオくん』は、親子の掛け合いがいいテンポを作っています。一冊として、もう一歩の存在感へどうしたらよいのか。それはもう模索しかないのです。
  • はたこうしろう 先生

    新人賞の『にんじゃいぬタロー』は、素直な少年と強引で一途な侍魂を持ったタローのキャラが際立って、楽しい作品になっていた。しかも犬の性質をしっかり表現するという着地点も見事。最高賞にふさわしい作品だった。佳作の『ぼくのバジオくん』は、綺麗で楽しいシーンがたくさんあって魅力的だった。ところが、お話に必然性がないのがとても残念。もっと身近なことから物語のテーマをさがすと良い。『となりのおじいさん と ぼく』は、隣人との何気ない出来事をユーモラスに描き、やさしさを感じる作品にしあがっていた。しかし感情の波が小さい。波をうまく作れるようになれば心に沁みる作品を作れるようになる。『はじめてのおかあさん』は幼い少女の感情の表現が上手で惹きつけられた。終盤、親目線になってしまったのがもったいなかった。
  • 松成真理子 先生

    今回は絵と文での評価が分かれた作品が多く、二転三転しながらも、どっしりとした作風の『にんじゃいぬタロー』が新人賞受賞となりました。『はじめてのおかあさん』は柔らかい子どもの感性がいきいきと表現されていて、素直で芯の強いお話。『ぼくのバジオくん』は丁寧な絵本づくりで再びの佳作、文章の枝葉を落とせば、絵への想像が読み手にもっと伝わる気がします。そして、選考会終了間際に、『となりのおじいさん と ぼく』が閉じかけた扉をど〜んと開けて3作目の佳作入賞。惜しくも選外の『イカかんしゃさい』は独自の世界観が印象に残りました。どこにもないはじめての物語が、毎年絶え間なく創造される喜び。絵本はまだまだノビシロだらけ。
  • 村上康成 先生

    『にんじゃいぬタロー』犬と少年の絆が生まれるまでという骨子を、犬が忍者であるという奇天烈なユニークさで展開している。都合よく始まり終わっている感はある。引き込まれたいワンダーな世界だからこそ必要な説得力がほしい。絵本の忍術にやられてみたい。『はじめてのおかあさん』孫娘のあどけなさと、それを包み込むおばあちゃんの温かさが溶けるように心地いい。シンプルな人肌の素朴な作品であるがゆえに、さらなる画力に期待。『ぼくのバジオくん』絵は、センスもよく、画力は充分に見てとれる。そつなく上手にできているからこそ、一冊の絵本の持つ魅力に迫りたい。『となりのおじいさん と ぼく』コミカルな人の表現と、大胆に色彩を意識した構図が新鮮で、興味深く展開していて面白い。肝心の顔の表情を、もうひとつこだわりたい。
講談社 絵本新人賞 募集要項 講談社 絵本新人賞 経過と報告 講談社 絵本新人賞 Q&A 講談社 絵本新人賞 既刊

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

講談社新人賞 既刊

講談社絵本新人賞 既刊一覧を見る