読み聞かせのコツ 第12回 「アントンせんせい」の場合

新連載 おはなし隊の読みきかせ 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第12回 「アントンせんせい」の場合


『アントンせんせい』 『アントンせんせい』

◆西村繁男/作


(1)やさしいお医者様『アントンせんせい』のおはなしは、まず、ゆっくりと表紙を見せて始めましょう。さて、どんなおはなしかな?

(2)扉のページを開くと、ちいさな動物病院が。どんな患者さんがやってくるのでしょう?

(3)朝はやく、やってきたのはニワトリさん。「こ、こえがでないんです……。」と先生にうったえます。よく下読みをしておいて、ニワトリさんになったつもりで、しわがれ声で読んでみましょう。

アントンせんせいがつくったうがい薬で、きれいな声をとりもどしたニワトリさん。「コッケコッコ〜。」は、すっきりと声高らかに読みたいですね!

(4)患者さんは続々とやってきます。どうやら様子がおかしい、ワニさん。「アガガ(あごが)、ガガ……(はずれて)」と、今度はワニさんになったつもりで読むと、爆笑がおこります。

(5)ここがポイント。アントンせんせいが診察のあと、患者さんにかける「おだいじに」の言葉は、ゆっくり、優しく読んでください。子どもたちも、このお話しの「繰り返し」に気づいて、「おだいじに」という声が自然にあがります。

(6)次に続く、ヘビやゾウ、スカンクのページです。一気に読んで楽しみましょう。ヘビ、フラミンゴまでは、指で指し示してあげてもいいですね。

(7)「パタ〜ン!」ヤギさんの診察の途中で、たいへん! 先生が倒れてしまいます。おなかがすいていたんですね。

(8)でも、だいじょうぶ。動物たちが美味しいシチューをつくってくれて、めでたし、めでたし。

(9)最後のページ、どうぶつたちのお手紙に書かれた、「おだいじに」をゆっくり読んでしめくくります。

この絵本はカルピス株式会社により、全国の幼稚園や保育園に「2013 ひなまつりプレゼント」として贈呈されました。読み聞かせにぴったりの楽しい1冊です。


バックナンバー
第25回 『ブービーとすべりだい』の場合
第24回 『イカになあれ』の場合
第23回 『つかまえた!』の場合
第22回 『おにぎりにんじゃ』の場合
第21回 『ぼくだって ウルトラマン』の場合
第20回 『ん』の場合
第19回 『ぴたっ!』の場合
第18回 『ぼくたちの ピーナッツ』の場合
第17回 『ハッピー ハロウィン!』の場合
第16回 『ねこときどきらいおん』の場合
第15回 『よわむしモンスターズ』の場合
第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合
第13回 『もぐもぐもぐ』の場合
第12回 『アントンせんせい』の場合
第11回 『ごとんごとん ごー!』の場合
第10回 『りんごはいくつ?』の場合
第9回 『よみきかせ日本昔話 かもとりごんべえ』の場合
第8回 『よみきかせ日本昔話 つるのおんがえし』の場合
第7回 『まゆげちゃん』と『よみきかせ日本昔話 かさじぞう』の場合
第6回 『よみきかせ日本昔話 さんまいのおふだ』の場合
第5回 『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』の場合
第4回 『よみきかせ日本昔話 さるかにがっせん』の場合
第3回 『よみきかせ日本昔話 うらしまたろう』の場合
第2回 『よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ』の場合
第1回 『よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし』の場合

★ 全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では2014年8月、岩手県と香川県の訪問先を募集中! お申し込みの締め切りは5月12日(月)です。ご興味のある方は以下のアドレスをご参照ください。お早めに!
おはなし隊

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本