読み聞かせのコツ 第21回 「ぼくだって ウルトラマン」の場合

新連載 おはなし隊の読みきかせ 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第21回 「ぼくだって ウルトラマン」の場合

おはなし隊隊長 坂口 慶


『ぼくだって ウルトラマン』 『ぼくだって ウルトラマン』

◆よしながこうたく/作

©円谷プロ

実は、パパも小さなころからウルトラマンが大好きだった……。
そして、ぼくもヒーロー大好き。絵本も好きだけど、でも本当は「ごっご遊び」の方が好きなんだ……。そんなパパと子どもたち、そして、ウルトラマン好きに贈る鉄板の一冊。
新たなウルトラマン「ユウキ」と、初代ウルトラマンと怪獣たちの夢の競演、そして、心温まる展開。

作家の思いがあふれた迫力のある絵は特撮にだって負けない。そんな迫力いっぱいの絵とウルトラマンのパワーで、あれ……、気が付くと女の子だって夢中になっています。

そんなみんなの熱い思いであふれた、元気いっぱいの楽しい絵本『ぼくだって ウルトラマン』を、読んでみました。

今回、読み聞かせをしてくれたのは、坂口慶隊長。
実は、坂口隊長は、20歳の頃、浅草の「ウルトラマン倶楽部」(現在は閉店)でアルバイトをしていたほどの、大のウルトラマンマニア。今回、作家さんへのアドバイスなど絵本作りにもかかわりました。そんな坂口隊長が『ぼくだってウルトラマン』の読み聞かせのポイントを、皆さんに伝授いたします!

(1)この絵本では、最初から最後まで迫力のある絵を、ゆっくり子どもたちに見せてあげます。
かなりの迫力なので、子どもたちが自分の膝に置いて読むよりも、むしろ一歩下がって少し距離をおいて読み聞かせをしてもらった方が、より雰囲気が伝わりやすい場面もあるかもしれません。

ウルトラマンや怪獣などキャラクターもたくさん登場しますが、声色を遣う必要はありません。大げさな抑揚をつけたお芝居も必要ありません。普通に読みましょう。 高い声、低い声、大きい声、小さい声、それだけで十分です。また、早口で読んだりゆっくり読んだり、臨場感を意識しながら、絵をじっくり見せてあげましょう。


(2)ページをめくると、最初からいきなりガボラが登場!
その迫力に子どもたちは度肝をぬかれるでしょう。ハラハラドキドキの場面に、子どもたちはもう釘づけ。一気に子どもたちのハートを鷲掴みしてしまいましょう。

(3)続いて、ウルトラマンの登場!
この場面の文字数は少ないのですが、絵をゆっくり見せてあげましょう。ウルトラマンが登場する最初の場面なので、さっと読み飛ばすともったいない重要な場面です。

実は、神社のシーンにはザラブ星人が隠れています。みんなわかるかな?
こんなところにも作者の熱い思いが……。

(4)あっ、ぼくらのウルトラマンがかまれた! ウルトラマン絶体絶命!
この場面は、この絵本の見どころのひとつです。子どもたちにとってはとてもショッキングな出来事。ちなみに、この場面に出てくる怪獣の「バニラ」「マグラー」は、本編ではウルトラマンと戦わずに倒されてしまった怪獣たち。往年のウルトラファンも唸るレアな場面なのです。大げさな表現は必要ありませんが、臨場感を出して読んでみましょう。 そして、ここもゆっくり見せてあげます。


(5)基地の場面。ここにも秘密が……。
怪獣たちはモニターでウルトラマンや科学特捜隊の研究をしています。メフィラス星人やザラブ星人、そしてケムール人が睨みつける表情には、ものすごい迫力があります。悪だくみをしている目です。それをこっそり見ている怖そうな表情のウルトラマンユウキ。もりだくさんの基地の場面、子どもたちがわかるように、ゆっくり見せてあげましょう。


(6)ウルトラマンとウルトラマンユウキのスペシウム光線。
ユウキはまだまだ一人前ではありませんが、その一生懸命さに、ついユウキを応援したくなりますね。

(7)ウルトラマンがとびさっていく最後の場面。みんな勢揃いでウルトラマンをお見送り!
これからのみんなの未来を予感させるような明るくてまぶしい太陽……。子どもたちもこれで安心して読み終えることができます。


(8)そして、最後はミニ図鑑。じっくりみせてあげましょう!
あら、ウルトラマンユウキってちっちゃかったのね。


(9)いよいよ本当に最後の裏表紙。
実はね、裏表紙も表紙に負けないくらい見ごたえがあるのです。

とにかく最初から最後まで見どころ満載の楽しくて元気がでる絵本!

読み聞かせが終わると、子どもたちのテンションはとても高くなります。
ついには、みんな「ウルトラマンごっこ」。
未来のウルトラマン目指して、さっそくスペシウム光線の練習です!

バックナンバー
第25回 『ブービーとすべりだい』の場合
第24回 『イカになあれ』の場合
第23回 『つかまえた!』の場合
第22回 『おにぎりにんじゃ』の場合
第21回 『ぼくだって ウルトラマン』の場合
第20回 『ん』の場合
第19回 『ぴたっ!』の場合
第18回 『ぼくたちの ピーナッツ』の場合
第17回 『ハッピー ハロウィン!』の場合
第16回 『ねこときどきらいおん』の場合
第15回 『よわむしモンスターズ』の場合
第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合
第13回 『もぐもぐもぐ』の場合
第12回 『アントンせんせい』の場合
第11回 『ごとんごとん ごー!』の場合
第10回 『りんごはいくつ?』の場合
第9回 『よみきかせ日本昔話 かもとりごんべえ』の場合
第8回 『よみきかせ日本昔話 つるのおんがえし』の場合
第7回 『まゆげちゃん』と『よみきかせ日本昔話 かさじぞう』の場合
第6回 『よみきかせ日本昔話 さんまいのおふだ』の場合
第5回 『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』の場合
第4回 『よみきかせ日本昔話 さるかにがっせん』の場合
第3回 『よみきかせ日本昔話 うらしまたろう』の場合
第2回 『よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ』の場合
第1回 『よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし』の場合

★ 全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では2014年8月、岩手県と香川県の訪問先を募集中! お申し込みの締め切りは5月12日(月)です。ご興味のある方は以下のアドレスをご参照ください。お早めに!
おはなし隊

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

おすすめの絵本

  • おおきくなったら きみはなんになる?

    おおきくなったら きみはなんになる?

    藤本ともひこ/文 村上康成/絵

    保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
    毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

    卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
    保育士さんからも絶賛の声が続々寄せられています。

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • いちねんせいに なったから!

    いちねんせいに なったから!

    くすのきしげのり/作 田中六大/絵

    待ちに待った小学校の入学式の日、りゅうたろうくんは、「ともだちひゃくにんできるかな」と期待に胸をふくらませながら、小学校の門をくぐりました。
    そして、「どうすれば、ともだちひゃくにんできるかなあ」と考えているうちに、想像はどんどんふくらみ……。

  • ことりようちえんのいちねんかん

    ことりようちえんのいちねんかん

    文:たかてら かよ 絵:鴨下 潤

    あやちゃんは、もうすぐ幼稚園に行きます。幼稚園って、どんなことをするのかな?
    緊張の入園式、初めてのお弁当、遠足、プール、運動会に雪遊び……。幼稚園の1年間は楽しいことがいっぱい! あやちゃんが過ごす「ことりようちえん」の1年間を描きます。

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

季節の絵本