読み聞かせのコツ 第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合

新連載 おはなし隊の読みきかせ 読み聞かせのコツ

講談社では日本全国、津々浦々に絵本を積んだバスで訪問し、読みきかせする、「全国訪問おはなし隊」という活動をおこなっています。
この連載は、その読みきかせのもようをお知らせしつつ、読みきかせのワンポイントアドバイスをお蔵だしいたします。実物の本を見ながら読んでいただくと、よりよくわかると思います。
ぜひ、身近なところでお話し会をされる方や、保育園、幼稚園、小学校などにいって読みきかせボランティアをされるときなどの参考にしてくださいね。
第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合



 幼年からのおはなし会にぴったりの一冊です。夏休み、〃どろんこ〃になって遊びたい季節に、ぜひ読んであげてください。

 この絵本は、どうぶつたちが、ページ右側の「どろんこ」をくぐって、次のページに現れる、という繰り返しとなっています。どろんこをくぐったあとの変化が面白いところです。めくる動作を大切に読んでみてください。
「どろんこ」のページは、読み手もどっぷり「どろんこ」の中に浸かった気分で読みましょう。

(1)表紙をひらくと、見返しは一面〃どろんこ〃。ここをまず、たっぷり見てもらいましょう。子どもたちが、この絵本の世界にスムーズに入ることができます。

(2)トップバッターは、カエル。「どろんこ」を見つけて、思わず「ぴょーん」と飛び込みます。どろんこに、吸い込まれていくようですね。

(3)次の「どろんこ」のなかでは、「ちゃぽ ちゃぽ」は、ゆっくりとどろんこの感触を楽しむように読んでから、「ぴょーん」と飛んでいきましょう。緑色のカエルが、どろんこに染まっています。

(4)ネコも、イヌも、おのおの好きなように「どろんこ」を満喫していきます。

(5)ヘビが入っていくと……、

(6)いろいろな「どろんこ」好きの仲間が登場! 小さなドジョウさんも探してあげてください。

(7)「ぼくも、はいってます」。ここは、ちょっと考える間をとると楽しいですね。「黒い動物かな?」、とヒントを出してみます。当たらないときには、あまりじらさずにページをめくります。

(8)あべこべのパンダには、爆笑!

(9)おわりのページまで繰り返しを楽しんだら、「おつぎは だあれ?」としめくくります。「は〜い!」という、元気の良い手がたくさん上がると思います。

バックナンバー
第25回 『ブービーとすべりだい』の場合
第24回 『イカになあれ』の場合
第23回 『つかまえた!』の場合
第22回 『おにぎりにんじゃ』の場合
第21回 『ぼくだって ウルトラマン』の場合
第20回 『ん』の場合
第19回 『ぴたっ!』の場合
第18回 『ぼくたちの ピーナッツ』の場合
第17回 『ハッピー ハロウィン!』の場合
第16回 『ねこときどきらいおん』の場合
第15回 『よわむしモンスターズ』の場合
第14回 『どろんこ! どろんこ!』の場合
第13回 『もぐもぐもぐ』の場合
第12回 『アントンせんせい』の場合
第11回 『ごとんごとん ごー!』の場合
第10回 『りんごはいくつ?』の場合
第9回 『よみきかせ日本昔話 かもとりごんべえ』の場合
第8回 『よみきかせ日本昔話 つるのおんがえし』の場合
第7回 『まゆげちゃん』と『よみきかせ日本昔話 かさじぞう』の場合
第6回 『よみきかせ日本昔話 さんまいのおふだ』の場合
第5回 『よみきかせ日本昔話 へっこきよめさま』の場合
第4回 『よみきかせ日本昔話 さるかにがっせん』の場合
第3回 『よみきかせ日本昔話 うらしまたろう』の場合
第2回 『よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ』の場合
第1回 『よみきかせ日本昔話 いっすんぼうし』の場合

★ 全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では2014年8月、岩手県と香川県の訪問先を募集中! お申し込みの締め切りは5月12日(月)です。ご興味のある方は以下のアドレスをご参照ください。お早めに!
おはなし隊

おはなし隊の読みきかせ ワンポイントアドバンス 「読みきかせ会」を主催されている方、また開いてみたい方必読の情報! おはなし隊が「読みきかせ」の秘訣をお教えいたします。

母の日・父の日におすすめの絵本

  • おかあちゃんがつくったる

    おかあちゃんがつくったる

    長谷川義史/作

    ぼくが欲しいものは、なんでもミシンで作ってしまうお母ちゃん。でも、ちょっとかっこわるい。ある日ぼくは……。すべての“おかあちゃん”と、その子どもたちへおくる温かい親子の物語。

  • てんごくの おとうちゃん

    てんごくの おとうちゃん

    長谷川義史/作

    天国のおとうちゃん、元気にしてますか。 幼いころに亡くした父との、少ないけれど大切な思い出。人気絵本作家、長谷川義史が描く、温かいユーモアで包み込まれた父と子の交流が、心にしみ渡る一冊です。

  • ずーっといっしょ

    ずーっといっしょ

    マリアン・クシマノ/文
    市川里美/絵
    森山 京/訳

    おおきな父親くまの、おおきな愛情につつまれて、のびのびと遊ぶ小さな子どもくまの一日のお話。何気ない日常のしあわせを気づかせてくれる、パパと一緒に読んでもらいたい絵本です!

あかちゃん絵本