わたしはこうして獲りました!
絵本新人賞インタビュー
かがくいひろしさんの場合・前編

『おもちのきもち』
『おもちのきもち』

かがくいひろし かがくいひろし(加岳井 広)
1955年、東京生まれ。’80年東京学芸大学教育学部美術学科卒業後、学校勤務のかたわら、人形劇の活動や紙を使った造形作品の制作、発表を行う。第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。第26回講談社絵本新人賞佳作受賞、『おもちのきもち』で第27回講談社絵本新人賞を受賞し、50歳で絵本作家としてデビュー。現在、千葉県在住。

——まずは05年度の講談社絵本新人賞受賞作『おもちのきもち』についてお伺いしていきます。とてもユニークなお話ですが、発想の源はどこから?

 おもしろいことを思いつくと、いつもノートに絵や言葉でメモをしています。“おもち”自体は、この作品を描く何年か前から、数回ノートに登場しているんです。たしか最初に描いたときは下の段のほうに目があった。びろーんと伸びている絵だったり、ぷっちんと切られた絵だったり。そういうのが、ある日、時間を置いて見たときにつながってくるんです。おもちが逃げ出したらおもしろいんじゃないか?って。そうなるとぽんぽん絵や言葉が浮かんできて。おもちって、形が変わったり、柔らかいのが固くなったりするでしょう。それからお正月って、年中行事の中で一番おもしろいと思うし。それで、わりとすぐお話は思いついて、どんどんラフができたんです。


——じゃ、いざ描こうと、おもちとにらめっこしてできあがったのではないんですね。

 そうですね、やっぱりノートのメモのいくつかの要素が複合されて、はじめて、お話になるネタになりますね。


——メモはいつもそのノートですか?

 もう、ずっとこれ。この再生紙とか段ボールとかの色をした紙が好きなんです。家にはもうこ〜〜んなにたまっています(と腕いっぱい広げるかがくいさん)。人形劇をやっていた頃からなので、かれこれ20年以上、こうやってノートにネタをメモしていますね。寝るときには、枕元にいつも置いてあります。作品も、真っ白な紙ではなく、きなり色の紙に描いています。
メモ01 メモ03
講談社フェーマススクールズ


——どのくらいで描き上げたのですか?

ちょうど年末にラフがまとまったので、自宅の鏡餅や、広告などに載っているお正月のお餅など、いろいろ見て研究しました。原稿自体は正月休みのうちに描き始めて、あとは土日にまとめて描いて、応募期間の前にはできていたと思います。


——この作品で苦労されたところはありますか?

 後半部分は迷いました。いつも導入部は得意で、すぐ浮かぶんです。これもメモの段階でおもちが腕組みしているシーンくらいまでは、絵と言葉がほぼできていましたが、後半はあれがいいか、これがいいか、いろいろ考えて悩みましたね。餅の固まり方にしても、タコの形にしようかとか、雪がふってきて固まるとか……。実際、何度か描き直しました。


——いわゆる産みの苦しみですね?

 でも、描くのは全然苦ではないんです。それよりも、自分としては考えられるだけ考えておきたい。あとから後悔したくないし。とことん考えて、出尽くした中で、一番おもしろいものにしたい。それが自分なりの誠意だと思っています。


——受賞の知らせを受けたときは?

 うれしかったです。連絡の電話をくれた編集者には「女子高生のように喜んでいた」と言われたほど。最初の応募が佳作で、次も佳作。そのとき、前作のほうが面白かったと言われたこともあり、「講談社の賞には合わないのかな?」とあきらめかけていたんです。でも受賞パーティーでお会いした書店員さんたちが「やめちゃだめ!」と強く後押ししてくださって。佳作の2作を見て応援していてくれたのです。それで、よし、最後だと思って応募したこともあって、うれしかったですね。


——出版にあたり、一部改稿をお願いしました。

 後半を直しました。結果的によかったと思っています。もちろん、自分がよいと思って描いたものを直すのは、あまりいい気持ちはしません(笑)。でも、私は編集者を信頼しています。“いいものにしよう”というスタンスで話をしてくれているわけだし。もちろん納得できないと直せませんけどね。自分と違う意見があると作品を引いて見ることができるし、よいものができるのは事実。むしろ、そうやって絵本に作り上げていくんだなぁと実感しました。


——こちらも身が引き締まる思いです。そして初めて本が出版されて、いかがでした?

 反応があるのが嬉しいです。「お餅が嫌いだった子が食べるようになった」とか、「本を抱いて寝てる」とか、「10回読んでも笑える!」とか。また、絵本サイトに感想が載っていたり、何十年ぶりで同窓生から手紙をもらったり。応援してくれていた地元の書店さんで原画展もできましたしね。手作り絵本もいいですが、出版して、会ったこともない人にも読んでもらえる、関係性ができるっていうのがいいですね。


(来月に続く)

番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(前編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(後編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 全国訪問おはなし隊より
番外編・書籍販売部担当Tに聞きました
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(後編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(前編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(後編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(前編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(後編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(前編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(後編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(前編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(後編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(前編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(後編)

今月の新刊

2020年4月の新刊

おすすめの絵本

  • しょうがっこうへ いこう

    しょうがっこうへ いこう

    斉藤 洋/作 田中六大/絵

    『しょうがっこうへ いこう』は新1年生向けの「遊んで学べる小学校ハウツー本」です。
    幼稚園と小学校の違いから始まる本作は、通学の仕方から、朝礼、国語や算数や体育やその他の授業、給食、お昼休み、保健室の使い方、下校まで、小学校1年生が普段行う1日の学校生活を絵本で紹介しています。

  • よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    よみきかせ日本昔話 はなさかじいさん

    石崎洋司/文
    松成真理子/絵

    ある日、おばあさんは川で立派な箱に入った子犬を拾います。シロと名づけ、かわいがるうちに、シロは「おじいさん、わたしにのっておくれ」と話します。
    山でシロは「ここほれ、わんわん」 すると、大判小判がたくさん!
    それを見ていた隣のなまけ者のおじいさんがシロを借りていき、山へおいたてます。
    シロがなにも言わないのに、掘ってみると! 

  • バーバパパのがっこう

    バーバパパのがっこう

    著:A・チゾン 著:T・テイラ- 訳:山下 明生

    こんな学校あったらいいね、バーバパパ!
    子どもたちは勉強ぎらいで、学校も好きじゃありません。そこでバーバパパがゆかいな学校をつくり、楽しい授業をはじめます。おかげで、みんな学校が大好きになります。

  • おじいちゃんちの たうえ

    おじいちゃんちの たうえ

    作:さこ ももみ

    今日は「田植え」の日! 
    一家総出で行う田植えのようすと、春の田んぼの気持ちよさを描きます。

季節の絵本