わたしはこうして獲りました!
絵本新人賞インタビュー
なかややすひこさんの場合・前編

なかややすひこさんの場合(前編)
『ミーちゃんですヨ!』
『ミーちゃんですヨ!』
なかややすひこ(中谷靖彦)
1968年、富山県に生まれる。大学卒業後、富山地方鉄道株式会社に入社。2年後に退社し、桑沢デザイン研究所に入学。1995年に卒業。オランダ・ユトレヒトなどで絵の勉強をし、帰国後フリーのイラストレーターとなる。『へんてこおさんぽ』で、第25回講談社絵本新人賞を満票で受賞。2004年に『ミーちゃんですヨ!』と改題して刊行される。その他の絵本作品に『カーネーションの絵本』(農文協)、紙芝居に『あまーいにおいのアメンボくん』(教育画劇)などがある。

なかややすひこさん
190cmを超える長身のなかやさん。担当の(若)と並ぶと身長差が歴然です
——なかやさんは、第25回(2003年)の絵本新人賞を受賞して、『ミーちゃんですヨ!』で絵本作家としてデビューされました。その後、ご活躍が続いていますね。

 ありがとうございます。『ミーちゃんですヨ!』の後も、いくつか他社から絵本や紙芝居を出させていただきました。他に、昨年は「こどもの本」という児童書の広報誌で1年間表紙のイラストを担当して、さらにその流れで、図書カードのポスターも描かせてもらえることになりました。今年は、ミュージカル「ピーター・パン」のポスターでもイラストを使ってもらうことになって、ぼくの絵を載せたラッピングバスがもうすぐ東京で走るそうです。楽しみですね。


——講談社フェーマススクールズでも、絵本コースの講師になる準備をされていると聞いていますよ。そんなふうにご活躍されるようになったのは、やはり新人賞を受賞したことが大きかったんでしょうか?

 それはもちろんそうです。仕事の依頼がたくさん来るようになって、講談社絵本新人賞は注目度が高い、いろんな人が見てくれているんだなあと実感しました。


——そうですか。受賞作の『ミーちゃんですヨ!』、応募したときのタイトルは『へんてこおさんぽ』でしたが、ズバリ受賞する自信はありましたか?

 そうですね。自信があったというか、「新人賞を獲るつもりで」描きました。その前の年に、『へんてこおるすばん』という作品で佳作をいただいて、すごくうれしかったんですけど、一方で、佳作で喜んでいてはダメだとも思ったんです。やはり、出版するためには新人賞を受賞することが原則ですから。
 だから、(若)くんから電話で「入賞しました」と言われたとき、うれしく思う反面、実はちょっと落ち込んだ。また佳作か、と思ったんです。でも話を聞いていて、「入賞」というのが「新人賞」という意味だとわかったとき、体の血が逆流するような感じになったのをよく覚えています。



——「新人賞を獲るつもりで」描いても、それを実現するのはなかなか難しいものだと思います。新人賞を獲るために、『へんてこおさんぽ』ではどんな点に力を注いだんでしょうか?

 うーん、特別何か新しい描き方をしたとか、そういうことはなかったですね。しいて言えば、「自分の原点で勝負する」のがいちばん強い、ということに気づいたからかもしれません。



講談社フェーマススクールズ
——なかやさんの「原点」というと、ふるさとの富山県黒部市のことでしょうか? 

 ええ、富山には好きなところも嫌いなところもありますけど、その風景とか空気のようなものは、いやおうなしに体にしみこんでいると思います。『ミーちゃんですヨ!』で言うと、1匹の猫が100匹になるというアイディアは、もともとは部屋の中で起こるできごとのつもりでした。でも、実際に描きはじめる前、ちょうど実家に帰って、田んぼや山々が広がる風景の中を散歩していたとき、ここでミーちゃんのお話が展開したら、開放感があるな、とふと思ったんです。何よりも、自分がいちばん気持ちよく描けると。


なかやさんは、富山テレビ放送のマスコットキャラクター「ビーちゃん」の絵本も手がけています。キャラクターグッズも発売される人気で、富山では「ビーちゃん」を知らない人はいない、らしい
(来月に続く。聞き手:若)

番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(前編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(後編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 全国訪問おはなし隊より
番外編・書籍販売部担当Tに聞きました
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(後編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(前編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(後編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(前編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(後編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(前編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(後編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(前編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(後編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(前編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(後編)

今月の新刊

年月の新刊

おすすめの絵本

  • ゆきみちさんぽ

    ゆきみちさんぽ

    江頭路子/作

    お気に入りのマフラー巻いて、帽子にてぶくろ、ブーツをはいて、じゅんびできたよ、いってきまーす。
    雪がいちめんに降ったある日、おさんぽで出会ったのは、どんな音? 冬のつめたい空気や透明感がみずみずしいタッチで描き出されます。雪の日が待ち遠しくなる絵本。

  • どこ? クリスマスのさがしもの

    どこ? クリスマスのさがしもの

    山形明美/作

    きょうはうれしいクリスマス。ペンギン親子が、プレゼントのおかいものにでかけます。
    さがしものがたくさん! クリスマスまでにぜんぶ見つけられるかな?

  • おぞうにくらべ

    おぞうにくらべ

    宮野聡子/作

    <行事と食べもののよみきかせ絵本>
    お正月、おばあちゃんの家へ行ったきみちゃんは、いろいろなお雑煮にであいました。野菜がいっぱいのお雑煮、しょうゆ味のお雑煮、魚が入っているお雑煮……。どの家にも、受け継がれてきた大切な味があったのです。

  • おもちのきもち

    おもちのきもち

    加岳井広/作

    第27回講談社絵本新人賞受賞作

    「もう、たいへんなんです」
    お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
    お年賀にどうぞ。(編集部より)

  • じゅうにしの おはなしめいろ

    じゅうにしの おはなしめいろ

    奥野涼子/作

    じゅうにしの おはなしに とうじょうする どうぶつたちが、めいろを とおって、かみさまの おやしきへ むかいます。

    十二支のお話と迷路を同時に楽しめる絵本! お正月、動物たちが神様のお屋敷へ向かいます。あちこちにお正月の風物詩や隠し絵がある楽しい迷路を通って、さあ、だれがいちばんにお屋敷に着くのかな?

  • おめでとう

    おめでとう

    茂田井武/絵 広松由希子/文

    みんながうれしいことば、「おめでとう」
    うさぎも、ねこも、ぞうも、とらも、ぼくも、わたしも、「おめでとう」。
    贈りあう幸せの言葉を、戦後の童画界を牽引した茂田井武の絵にのせて送る絵本。

  • くまのこの としこし

    くまのこの としこし

    高橋和枝/作

    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本
    お正月は、どんなふうに来るのかな?
    新しい年を迎えるわくわくする気持ちと、元旦のおごそかな気持ち……。子どもの目で見た「年越し」を描きます。

  • 愛蔵版 クリスマスって なあに

    愛蔵版 クリスマスって なあに

    ディック・ブルーナ/作 舟崎靖子/訳

    50周年を記念して出版された、世界じゅうの子どもたちのクリスマスを見守ってきたブルーナの絵本。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝えます。

  • ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス

    庄野ナホコ/作

    マグロに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。大家さんから「クリスマス」のことを聞いて、マグロの缶詰がもらえるようにと、クリスマスツリーを飾るのですが……。

  • バーバパパのクリスマス

    バーバパパのクリスマス

    アネット・チゾン、タラス・テイラー/作
    やましたはるお/訳

    ツリーにするモミの木を切りにきたバーバパパ。ところが、その木は動物たちのたいせつなすみかだったのです。そこでパパは大変身、すてきな解決法を見つけます。

季節の絵本