わたしはこうして獲りました!
絵本新人賞インタビュー
藤本ともひこさんの場合・前編

第13回講談社絵本新人賞受賞者 藤本ともひこさんの場合(前編)
こうへいみませんでしたか藤本ともひこ
1961年東京中野生まれ。1991年講談社絵本新人賞受賞を経て絵本作家デビュー。2000年から保育園に保育あそびの講師として出向くようになり、絵本制作の傍ら、保育遊びの講演などを行っている。2005年フジテレビポンキッキーズのオープニング曲「げんき!」の作詞を手がける。

——藤本さんが、絵本新人賞に応募するまでのいきさつ、じつは私も担当ながら知らないんです。どうして絵本の世界を目指されたんですか?

ぼくは、高校生くらいからずっと子どもに関わる仕事がしたいなあと思っていました。小学校の先生になりたいと思っていた時期もあります。それで、大学生のころ、子どものキャンプや遊びのサークルみたいなところに参加したんです。そこで、知り合った方に、「ぼくの書いてる遊び歌の雑誌に絵を描いてくれない?」と言われて、お手伝いをしたら、その関係で子どもについての色々なことを考えている仲間に出会いました。中川ひろたかさんとか、新沢としひこくんとか……。で、子どもの文化に、ますます興味がわいたんです。そんな仲間たちと夜な夜な、子どもの遊びや歌、絵本、いろいろなことを飲んだり騒いだりしながら考えて、まるで、子ども文化のトキワ荘みたいでした。

——絵を勉強されてきたわけではないのに、絵を描いてほしいとお願いされたんですか?

ぼくは、小学生のころから漫画が大好きで、漫画少年だったんです。漫画少年藤本は、いつも漫画をまねして描いていて、それが楽しくて大好きだったので、自然とイラストが描けるようになっていたんだと思います。子どもの野外キャンプのための新聞に絵を描いたのがきっかけで、それを見た人から頼まれたんです。

——絵本を描いたのは、新人賞の佳作になった作品が初めてなんですか?

ゴブリンそのまえに、「ゴブリンおさんぽ」という作品を手作りで作って、私家版みたいなものなんですけど、300冊売ったんです。それは、中川ひろたかさんに「絵本っていいなあ」と言ったら、「描いてみたら?」って言われて……。それが最初のターニングポイントですね。


講談社フェーマススクールズ

——300冊も売ってしまうなんて、すごいですね。ゴブリンは、新人賞を取られた「こうへい みませんでしたか?」にも登場するキャラクターですね。この絵本は、どうやって生まれたんでしょう?

ぼくは、漫画が好きだったので「漫画と絵本の融合」みたいなことを志しました。大学時代に、文京区の小石川図書館でアルバイトをしていて、昼休みに絵本を「あ」から順に読みまくったんです。当時は、70年代の素晴らしい日本の創作絵本が図書館にいっぱいあったんです。長新太さん、五味太郎さん、村上康成さん……。それで、絵本にどんどん興味がわいて……。そうやって読むうち、絵本は漫画とはやっぱり違う、めくっておもしろいもの、ページを開いて楽しいものを作りたい! そして、自分なりに漫画と絵本を混ぜたものを作ってみたい、と思ったんです。

見開き見開き

——たしかに、コマ割りあり、ふきだしあり、でも、ページをめくると、異次元の世界がバーンと見開きいっぱいに広がっていて、今見ても斬新な作品ですよね。新人賞に出そうと思われたのは、どうしてですか?

29歳のとき、自分は今後30代で何をしたいんだろうと考えまして……。今の自分なら何ができるだろうって、考えたんです。ならば、絵本をちゃんと作ってみようと思ったんです。それで、見つけた応募には、すべて送るって決意しました。
講談社の新人賞は、週刊現代を見てたら応募要項が載っていたので、これだ! と思って送りました。じつは、ぼくは、持ち込みってできなかったんです。駄目だしされて、落ち込んじゃうのが怖くて……。それで送った方がいいやと思ったということもあります。

——それが、第12回の新人賞の佳作になりました。佳作を取ったときはいかがでしたか?

佳作をいただいて、ああ、ぼくの作ったものって、そんなにはズレてなかったんだなって安心しました。選考委員の神宮輝夫先生に「藤本くんのおもしろかったよ」と言っていただいて、それが力になりました。ぼくは持ち込みをしていなかったので、授賞式に行って、初めて自分の作品への感想や意見をきいたんです。それが力にもなったし、参考にもなりました。佳作を取られた方は、必ず授賞式に出た方がいいと思います。

——そして、次の年に、「こうへい みませんでしたか」で新人賞を受賞。このときの授賞式の写真を持ってきました。(K、写真を見せる)

わあ、皆さん若いですね! 授賞式では、いわむらかずお先生が「藤本くん、今度遊びに来なよ」なんて言ってくださって、遠慮はしないたちなので、本当に遊びに行ったら、そのパーティーに、各社の編集さんとか、作家さん、デザイナー、カメラマン、音楽家……すごくいろいろな方がいらっしゃって……。新しい出会いがあって、とても世界が広がったんです。選考委員の角野栄子先生は、新聞に書評を書いてくださいました。その書評は、なんだかその場を借りての応援をしていただいたように、ぼくは感じました。同じく西巻茅子先生にも、「時間がかかってもがんばれ」という言葉をいただきましたし……選考委員の先生方の言葉が今も心に残っています。杉浦範茂先生は、受賞作のブックデザインまでしてくださいました。授賞式に出ることで、自分のやってることをわかってくれる人がいる、と知ることがとても大事なことだったと思うし、方向性も見えたように思います。

お話をうかがっていると、藤本さんは人との出会いを大切にして、それを新しい展開に活かしているんですね。デビューした藤本さんの新しい出会い、転機については、後編で……。


番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(前編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 編集部座談会(後編)
番外編・こんな絵本が読みたい! 全国訪問おはなし隊より
番外編・書籍販売部担当Tに聞きました
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞・藤本ともひこさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞佳作受賞・シゲタサヤカさんの場合(後編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(前編)
第30回講談社絵本新人賞受賞者・コマヤスカンさんの場合(後編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(前編)
第5回講談社絵本新人賞受賞者・野村たかあきさんの場合(後編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(前編)
第18回講談社絵本新人賞受賞者・笹尾としかずさんの場合(後編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(前編)
第29回講談社絵本新人賞受賞者・にしもとやすこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・青山邦彦さんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞受賞者・なかややすひこさんの場合(後編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(前編)
第25回講談社絵本新人賞佳作受賞者・高畠那生さんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞佳作受賞者・やぎたみこさんの場合(後編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(前編)
第28回講談社絵本新人賞受賞者・たかしまなおこさんの場合(後編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(前編)
第27回講談社絵本新人賞受賞者・かがくいひろしさんの場合(後編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(前編)
第16回講談社絵本新人賞受賞者・山下ケンジさんの場合(後編)

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本