読み聞かせ

『ももんが もんじろう』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宝力美和

はじめに、ももんがを知っているか、子どもたちにたずねます。知らない子もいるので、リスの仲間で空を飛ぶ動物であることを簡単に説明してから、読み始めるとよいでしょう。表紙にはもんじろうが飛んでいる姿がありますので、それで、すぐイメージがつかめると思います。

夜から始まりますので、静かに読み始めます。「ヒュル~!」風の音はちょっと怖そうに。夜のやみにふるえる「ブルブル」も、怖がっている気持ちが伝わるように読んでみましょう。

ページをめくって「いっといで!」と杉の木がもんじろうを押すところは、元気よく応援するつもりで。「え、え~っ!?」のもんじろうは、びっくりした感じに。
はじめにもんじろうが出会う「よるって かたい」の不思議な感覚のあとは、少し間をおいてページをめくって、くまであることを見せます。

ここから、「くまったな」と掛け言葉の遊びが出てきます。ある程度年齢がいかないとこのニュアンスはわからないと思いますが、特に説明する必要はありませんので、読み手が少し意識して読んでみましょう。子どもは気がつくと笑ったり、真似したりします。それは読み手の心の中で受け止めてください。

もんじろうは次々と飛ばされていきます。「ヒュル~!」といった擬音は年齢の低い子が特に興味をしめしますので、その意味合いをイメージして、読んでいきます。

まごいがはねるページはもんじろうがとても小さく描かれています。ここは「ヒュルル~」と言って、ちょっと指差しでもんじろうを示してもいいかと思います。

杉の木に戻ってきたもんじろうは、「せけんは どうじゃった?」と聞かれたあと、「うん」と答えただけで「ドキドキ ドキドキ」と続きます。ここでは、今までの冒険を思い出すように静かに時間の経過をイメージしていきます。

そして、ゆっくりページをめくるともう夕方。ここからもんじろうはまた動き出します。好奇心をもって「ヒョコ ヒョコ、よいしょ」と一生懸命に木を登るもんじろうを表現してみましょう。

そして、次のページで「わは~っ!」と感動する様子で、時間もとって絵をしっかり見せましょう。もんじろうが行った世間が広がっています。「ブル、ブルン!」と気合いを入れたあと、ラストのページへ。今度は「とぉ~っ!」と元気に思いっきり飛んで下さい。最後、裏表紙を見せてから表紙を広げてみせます。元気に杉の木から飛び立ったもんじろうで終わりましょう。

夜から始まり、昼間になって、また夜で終わる流れになっています。小学生ぐらいだと、ももんがは夜行性であるといった話をしていくこともできますね。お膝の上に子どもを乗せていたら、子どもの両手を広げて、「ヒュル~」っともんじろうのように飛んでみても楽しいです。子どもと一緒に、もんじろうの初飛行を楽しみましょう。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • 講談えほん 西行 鼓ヶ滝

  • ふとんが ふっとんだ

  • しろ と くろ

  • ぼくのくれよん

  • おおきな ものの すきな おうさま

  • もったいないばあさんの いただきます

  • まよなかのせおよぎ

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • パンダ なりきりたいそう

    パンダ なりきりたいそう

    いりやまさとし/作

    「パンダなりきりたいそう はじめ!」
    何かになりきるのって、たのしい!
    さあ、絵本を見ながら、パンダといっしょに、おもいっきり体をうごかそう!

  • くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

    講談社/編
    久保田 競/監

    巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

  • もったいないばあさんかるた

    もったいないばあさんかるた

    真珠 まりこ/著

    生活の中のいろいろな「もったいない」を題材とした読み札・絵札46組。楽しく遊びながら、「もったいない」を感じる心が自然にそだちます。

  • 遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた

    シゲタ サヤカ/作・絵

    「あつぎで シロコロ 食べてみた」
    「いせはらの とうふのおいしさ つたえたい」
    神奈川県のジモト民ならおなじみのネタや意外な話題が盛りだくさん。横浜、川崎、相模原から三浦半島、湘南、箱根まで、ジモト自慢が満載です。神奈川県の地理を遊びながら学べる、ジモト愛100パーセントのかるた!

  • 決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    決定版 1日10分で えがじょうずにかけるほん 3さい~6さい対象

    あきやま かぜさぶろう/作

    もののかたちをとらえ、○、△、□などかんたんな形をつかって、いろいろな絵が描ける、魔法のメソッドを1日10分でたのしもう!

  • くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    くぼた式 脳をきたえる うんぴつ ひらがな トレーニング

    講談社/編
    久保田競・久保田カヨ子/監修

    直線や曲線、ジグザグ、らせんなどの線を書く「運筆」の訓練をつづけると、文字を書くときに、手指をやわららかく 思いどおりに動かせるようになります。 100のトレーニングを積んでいけば、しぜんと「ひらがな」を書けるようになり、脳がきたえられます。

  • どこ? もりの なかの さがしもの

    どこ? もりの なかの さがしもの

    山形 明美/作
    大畑 俊男/撮影

    1冊の本がつれていってくれたのは、不思議なさがしものの森。動物たちの歓迎会、妖精のピクニック、洞窟の先の奇妙な屋敷。さあ、さがして見つけて追いかけて!

季節の絵本