読み聞かせ

『くさをはむ』 の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 加藤惠里隊長

のびやかな大自然を感じながら、気持ちが優しく穏やかになれる、春にピッタリの一冊。
「食べる」ではなく「はむ」という言葉が、より一層この絵本に表現されている大自然の優しさやおおらかさを感じさせてくれます。

広い高原に、シマウマたちが、ゆったり草を食べている様子を想像してから読み始めます。
「くさをはむ」が三回ありますが、間をとりながら読みます。

シマウマたちのいろいろな仕草や動作を伝えます。

その時に、わかりにくそうなら、指でどのシマウマのことか指しますが、この動作は大袈裟にならず最低限にそっと。

あさごはん くさ
ひるごはん くさ
ばんごはん くさ

こどもたちは、よくみています。
それぞれのごはんが同じ草でも、あさ、ひる、ばんと違うように読みます。

「ぼくのいきはくさのにおいがする」の台詞は、シマウマの「ぼく」になって、読みます。
聞いているお友だちも仲良しだとわかるように。

草ごっこをするページでは、一人で草ごっこをするから、空気を感じるように、草の気持ちになって読みます。

太陽に向かうページでは、力強く、そして気持ちをこめて、「ああ、ぼくってなんておいしそうなくさなんだ〜」と読みます。

かあさんの登場。
優しいおかあさんをイメージして読みます。
「くすぐったいなあ」も、嬉しそうに。

かあさんの歌の声は、明るく高く。
ぼくの歌の声は、「ぼく」になって、かあさんに習うように。

また、シマウマたちの動作や仕草のページ。
それぞれ丁寧に読みます。

ぼくらのいちにち
こんなかんじ

穏やかに、聞いている子供たちを意識して読みます。

短い5文字の文章の繰り返しが、とても心地よく感じられます。
これからの季節、子どもたちと一緒にシマウマになったり草になったりしながら、たくさん読んでくださいね!

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • どしゃぶり

  • ころころパンダ、ゆらゆらパンダ

  • りょうりを してはいけない なべ

  • パンダかぞえたいそう

  • くさをはむ

  • はやくちことばえほん ももも すももも

  • ねこです。

  • がんばれちびゴジラ

  • トコトコバス

  • くだもの ぱくっ

  • どすこいすしずもう

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

  • いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    いちねんせいの1年間 がんばれ、なみちゃん!

    くすのき しげのり/作 宮澤ナツ/絵

    いつもは不安げな転校生のなみちゃん。でもプールの授業でのすばらしい泳ぎに、みんなはびっくり。夏を通したなみちゃんの成長物語。

季節の絵本