読み聞かせ

『でんごんでーす』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 佐々木貴美子

お母さん鳥が、小さなピーターへ伝言を送りますが、電線の上でつぎつぎと鳥たちが伝えていくのは、自分勝手でちんぷんかんなことばかり。
伝言ゲームならではの楽しさが絵本になっています! 子どもたちの反応がよく、読み聞かせにぴったりです! 

表紙のカラフルな鳥たち、見返しの青空と白い雲、扉の3本の電話線の絵が、お話へと誘います。

扉の次の場面は、文はありませんが、これからの展開を表す大切な場面です。このあとのページから、電話線の左端にとまっているお母さん鳥の言葉を、右の端の方にいる息子のピーターへ、途中の鳥たちが順番に伝言を送っていくのです。鳥たちを指でたどり、ページをめくると、お話への理解が深まります。

「そろそろ ばんごはんだから かえっておいで」
お母さん鳥からピーターへの大事な伝言です。印象づけるように、ゆっくり&はっきりと読みます。子どもたちに「覚えましたか?」と尋ねると、うなずいてすぐに復唱してくれます。

いよいよ鳥たちが伝言を送り始めます。「そろそろ ばんごはんだから……」までを読んで、少し間をとってから、後半のまちがって伝える言葉を言うと、子どもたちは大笑い!

ロックスターの鳥の伝言は、リズミカルにノリノリで!

次々に登場する鳥たちの、ユーモアたっぷりの伝言が続きます。鳥たちになったつもりで伝言を送りましょう。子どもたちは、次はどんな言葉で伝わるのか、わくわくして待っています。

再び電話線全体の場面。どこまで伝言を送ることができたでしょうか?
……あともう少しのようです。伝言中の箇所を指で示してあげるとよいですね。

いよいよ最高にちんぷんかんぷんな伝言へと進みます。太い字で書かれた文字は今までの伝言の集大成の言葉です。そこを強調して読むとおもしろさが倍増!

ようやく、フクロウが隣のピーターに“正確に”伝言を届けます。お母さん鳥が言った場面の時のように、ゆっくり&はっきりと読みます。子どもたちは「あー、よかったぁ」と、喜んでくれます。

電話線を飛び立ち、帰っていくピーターの姿の小さな絵。指で示すとわかりやすいですね。ほっとして笑顔になる、すてきなエンディングです。

*子どもたちは最後までお母さん鳥の伝言をしっかり覚えてくれています。読んだあとで、みんなで声を合わせてピーターに伝えてあげて、楽しくお話を締めくくることもできます。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • おすわりどうぞ

  • いっぺんやってみたかってん

  • かえるぴょん

  • じゃぶじゃぶ じゃぐちくん

  • おおきくなったら きみはなんになる?

  • たべもの だーれ?

  • りんごが コロコロ コロリンゴ

  • ねこってこんなふう?

  • くるみのなかには

  • いただきますの おつきさま

  • ほしじいたけ ほしばあたけ

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

おすすめの絵本

  • どしゃぶり

    どしゃぶり

    おーなり 由子/文 はた こうしろう/絵

    どしゃぶりは、雨つぶたちとしゃべったり、あそんだりできる特別なとき!
    たくさんの雨の音、雨つぶの、いろんな輝き。
    雨のにおい、水たまり、絵に耳をすますと、
    雨の音がきこえます。

  • 新版 星空キャンプ

    新版 星空キャンプ

    村上 康成/作

    月曜日、ここへ来た日、水のきれいさと、大きなマスに息をのみました。火曜日、ガンの家族がテントのそばにやってきました。水曜日、小さな湖では、風も音も、なにもありませんでした。木曜日、ハンモックでうとうと。金曜日、キイチゴつみは原っぱの味がする。ミナとお父さん、お母さんの1週間の星空キャンプ。

  • ぼんちゃんのぼんやすみ

    ぼんちゃんのぼんやすみ

    あおき ひろえ/作

    子どもに伝えたい日本の風習
    ご先祖さまの霊がかえってくるというお盆。ぼんちゃんが、夏休みにいなかで過ごしたお盆は……!?
    親子で楽しむ、季節と行事のよみきかせ絵本

  • きもだめし

    きもだめし

    新井 洋行/作

    『きもだめし』は、その名の通り、夏の風物詩である肝試しがテーマの、縦開きのしかけ絵本です。
     不気味な日本人形の、おどろおどろしい肝試しへの案内から、本作は始まります。幽霊や、一つ目お化け、ろくろっくび、のっぺらぼうなど、定番のお化けや妖怪が次々に登場します。 おはなし会や、親子でドキドキしながら楽しめる1冊です。

  • ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    ルッキオとフリフリ おおきなスイカ

    庄野 ナホコ/作

    マグロのおさしみに憧れる、ねこのルッキオとフリフリ。
    ある日、庭になったおおきなスイカで、ひともうけしてマグロのおさしみを食べようと、売りにでかけますが……。

季節の絵本