読み聞かせ

『ゆきみちさんぽ』の読み聞かせのコツ

おはなし隊隊長 宝力美和

表紙をめくった見返しは、雪の絵です。
雪が降ってくるところからこの話は始まりますので、見返しもしっかり見せてください。
扉には、真っ白に降りつもった雪景色に驚いている女の子。

さあ、身支度をして外にでてみましょう。

この絵本には、擬態語がたくさん出てきます。その音をイメージして読んでいってください。
「さくさくさく」雪の上を歩く音、軽く歩く感じで読んでみましょう。
ゆきみちさんぽをすると、普段とは違う音に出会います。

「ぱさっぱさっぱさっ」「ぴとっぴとっぴとっ」なんのおと? と問いかけます。
答えは次のページにあるので、すぐにめくらず、子どもの反応を待ってみます。
小さい子には、音のでているものをちょっと指差すとわかりやすいですね。
子どもが想像できたら、ページをめくります。

途中で犬と出会い、一緒にあそぼうと雪玉を転がします。
「よいしょよいしょ」としっかり転がしましょう。

そしてページをめくり、できたのが雪だるまです。
「でーきたできた」と楽しそうに、作った雪だるまをよく見せてあげると、子どもたちもいろいろな事に気づくようです。

そして「しんしんしん」という静かな音。雪が降ってきました。

そのあと、女の子がくしゃみをして「さむい」というと「ざくざくざく」と静かな中に聞こえてくる音。
この音だけ次ページでも繰り返されます。

「なんのおと?」とちょっと不安げに問いかけると、ぼそぼそっと子ども達も小さな声。

ページをめくると「おかあさん!」やっぱり〜と安堵する子ども達の感じが伝わってきます。

ラストのページは雪だるまが1つ増えて2つ並んでいます。
雪だるまの手をみると、おかあさんと雪だるまを作って帰っていったようですね。

そして後ろの見返しもまた雪。
しんしんと降ってきたところで、静かに終わっていきます。

裏表紙の赤い椿の花も印象的です。

雪の中は馴染みのない子もいますが、普段と違う景色や音を想像してゆっくり読んでみましょう。
美しい絵と擬態語で情緒が広がります。
雪の中も散歩をしたくなりますね。

「絵本別」 読み聞かせのコツ バックナンバー

  • ちゅうちゅうたこかいな

  • パンダ なりきりたいそう

  • まゆげちゃん

  • しょうぼうしの サルサさん

  • ねこの看護師 ラディ

  • ゆきみちさんぽ

  • おもちのきもち

  • パンダ ともだちたいそう

  • コロッケ できました

  • くまさん どこ?

  • バナーナ!

  • ピカゴロウ

  • うどん対ラーメン

  • ぞうちゃんと ねずみちゃん

  • はっきょい どーん

  • うめじいのたんじょうび

  • ぬいぐるみのミュー

  • おむすびころりん

  • だーれの おしり?

  • ケーキ やけました

  • でんごんでーす

  • アントンせんせい おでかけです

  • のりもの つみき

  • おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

  • さんさんさんぽ

  • ももんが もんじろう

  • パンツはちきゅうをすくう

  • とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり

  • ふってきました

  • カッパも やっぱり キュウリでしょ?

  • ねこ どんなかお

  • パン どうぞ

  • てぶくろ

  • もったいないばあさんの  てんごくとじごくのはなし

  • かけっこ かけっこ

  • びっくりはなび

  • ちいさなタグはおおいそがし

  • ブービーとすべりだい

  • イカになあれ

  • つかまえた!

  • ぼくだってウルトラマン

  • ぴたっ!

  • おにぎりにんじゃ

  • ぼくたちの ピーナッツ

  • ハッピー ハロウィン!

  • ねこときどきらいおん

  • よわむしモンスターズ

  • どろんこ! どろんこ!

  • もぐもぐもぐ

  • アントンせんせい

  • ごとんごとん ごー!

  • りんごはいくつ?

  • かもとりごんべえ

  • つるのおんがえし

  • かさじぞう

  • さんまいのおふだ

  • へっこきよめさま

  • さるかにがっせん

  • うらしまたろう

  • わらしべちょうじゃ

  • いっすんぼうし

全国をまわって読み聞かせをしている「おはなし隊」では月ごとに訪問先を募集中です! 月によって巡回する県が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たべものの絵本

  • うどん対ラーメン

    うどん対ラーメン

    田中六大/作

    日本人なら、誰もがなじみのある国民食の「うどん」と「ラーメン」。
    どちらがおいしいのか、ついに決着がつくのか、それともつかないのか!?
    「バカバカしさ」を骨の髄まで追求した、ユーモア絵本です。

  • いもいも ほりほり

    いもいも ほりほり

    西村敏雄/作

    秋の行楽のいちばん人気は、なんといっても、いもほり!
    「あの くも いもに みえるぞ~。」
    ぶたのきょうだいは、はりきっていもほりに出かけます。さあ、どんなおいもが ほれたかな?

  • もったいないばあさんの いただきます

    もったいないばあさんの いただきます

    真珠まりこ/作・絵

    好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろいろな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。

  • いただきますの おつきさま

    いただきますの おつきさま

    鈴木真実/作

    ある夜、お月さまが落ちてきた! たいへん、たいへん、とうさぎがみんなを集めて落ちたところに向かうと……。そこには大きな○○○が! あま~いにおいのする○○○につられて、うっかりみんなで食べてしまいました。今夜の月はどうなるの?

  • スープに なりました

    スープに なりました

    彦坂有紀・もりといずみ/作

    にんじんが、スープになりました。ごくん。
    じゃがいもが、とろんとろんのスープになりました。ごくごく。
    親子の食卓が楽しくなる、野菜とスープの、おいしい木版画絵本。

  • まないたに りょうりを あげないこと

    まないたに りょうりを あげないこと

    シゲタサヤカ/作

    「ぼく、このレストランの料理をたべてみたいな~」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげます。まな板がしゃべる楽しい絵本。

季節の絵本